久保建英が渾身の“ドヤ顔”!? マジョルカ公開の”ゴールパフォーマンス練習”動画に注目

マジョルカの日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカの日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】

マジョルカが公式YouTubeチャンネルで久保のゴールパフォーマンス練習を公開

 マジョルカは現地時間21日、敵地でのリーガ・エスパニョーラ第2節アラベス戦を控える。クラブ公式YouTubeチャンネルは、「タケがゴールパフォーマンスを練習」と題し、日本代表MF久保建英の映像を公開。クラブ関係者の煽りに乗せられ、久保も渾身の“ドヤ顔”で応じている。

 8月6日までU-24日本代表の一員として東京五輪を戦った久保は、シーズン初戦のベティス戦はまずはベンチスタート。試合はベティスペースで進んだなか、前半25分にマジョルカが一瞬の隙を突き、MFダニ・ロドリゲスのスルーパスからDFブライアン・オリバンがダイレクトシュートを決めて先制に成功する。1点リードで折り返したが、久保が途中交代の準備をしていた後半14分、セットプレーから相手FWファンミにヘディングシュートを放たれ、GKマノロ・レイナの手を弾かれてネットを揺らされてしまい、オウンゴールという形で同点とされた。

 その直後の後半16分、「17番」の久保がMFサルバ・セビージャに代わって登場し、左サイドに入ると、本拠地ソン・モイシュのサポーターからは大きな拍手とチャントが送られる。精力的に動き回り、後半27分からは右サイドに回った久保は、その直後にドリブルで持ち込んでファウルをもらい、FKを獲得。自らこのキッカーを務めたが枠を捉えられず、ゴールはならなかった。試合はそのまま、1-1のドローに終わった。

 21日には敵地でアラベスと対戦するなか、マジョルカ公式YouTubeチャンネルは「タケがゴールパフォーマンスを練習」と題した動画を投稿。13秒に凝縮された動画では、久保がクラブの広報から「今、君がゴールしたんだよ。これを言ってるのは、(君が)シリアスな顔してるから」とリラックスして撮影するように促され、その後に渾身の表情でガッツポーズを決めている。久保も徐々に気持ちが乗っていったのか、“ドヤ顔”も見られ、「(久保がポーズを決めた後)そうそう。さあ行こう! それだよ!」と“OK”が出た。

 スペイン1部の各クラブは開幕前、リーガ・エスパニョーラが組んだセットの中で、試合前にスタジアムの電光掲示板で流したり、リーグ公式サイトに掲載したりするポーズ映像・写真を撮影する。今回、久保はその撮影後に移籍が決まったため、他の新加入選手2人とともにマジョルカ独自で撮影することになった際のメイキング映像だ。久保がチームに溶け込んでいる様子が伺える、貴重な動画となった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング