「ゴーーール、タケ!」 マジョルカ、久保の“可愛い”パフォーマンス練習動画を披露で反響

マジョルカの日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカの日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】

21日にアラベス戦を控え、マジョルカ公式YouTubeが満を持して動画を公開

 マジョルカは現地時間21日、敵地でのリーガ・エスパニョーラ第2節アラベス戦を控える。クラブ公式YouTubeチャンネルは、2年ぶりに復帰した日本代表MF久保建英の移籍後初得点を期待するかのように、「ゴールパフォーマンスを練習」する秘蔵映像を公開している。

 8月6日までU-24日本代表の一員として東京五輪を戦った久保は、シーズン初戦のベティス戦はまずはベンチスタート。試合はベティスペースで進んだなか、前半25分にマジョルカが一瞬の隙を突き、MFダニ・ロドリゲスのスルーパスからDFブライアン・オリバンがダイレクトシュートを決めて先制に成功する。1点リードで折り返したが、久保が途中交代の準備をしていた後半14分、セットプレーから相手FWファンミにヘディングシュートを放たれ、GKマノロ・レイナの手を弾かれてネットを揺らされてしまい、オウンゴールという形で同点とされた。

 その直後の後半16分、「17番」の久保がMFサルバ・セビージャに代わって登場し、左サイドに入ると、本拠地ソン・モイシュのサポーターからは大きな拍手とチャントが送られる。精力的に動き回り、後半27分からは右サイドに回った久保は、その直後にドリブルで持ち込んでファウルをもらい、FKを獲得。自らこのキッカーを務めたが枠を捉えられず、ゴールはならなかった。試合はそのまま、1-1のドローに終わった。

 21日には敵地でアラベスと対戦するなか、マジョルカ公式YouTubeチャンネルは「タケがゴールパフォーマンスを練習」と題した動画を投稿。13秒に凝縮された動画の中には、関係者に「ゴーーール、タケ!」と煽られた久保が渾身の表情でガッツポーズを決める様子が収録されており、久保も気持ちが乗りつつ、時に笑顔も覗かせている。

 コメント欄には、ファンから「今年は何回も見せてくれ~」「タケ可愛い」「マジョルカしか勝たん」「点決められますように」といった反応が寄せられ、アラベス戦に向けていっそう期待が高まったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング