横浜FCのドイツ人新守護神、圧巻のビッグセーブに称賛 「これを止めるのは凄い」

名古屋戦で初先発となったGKスベンド・ブローダーセン【写真:Getty Images】
名古屋戦で初先発となったGKスベンド・ブローダーセン【写真:Getty Images】

東京五輪ドイツ代表GKブローダーセンが名古屋戦でJリーグデビュー

 横浜FCは、9日に行われたJ1リーグ第23節名古屋グランパス戦に2-0で勝利し、7月11日以来となったリーグ戦で白星を飾った。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 最下位に沈む横浜FCはリーグ再開初戦の名古屋戦、7月5日にドイツ2部FCザンクト・パウリから完全移籍で獲得し、東京五輪のドイツ代表メンバーでもある24歳GKスベンド・ブローダーセンが初先発出場。前半9分に相手のオウンゴール、同33分にFW松尾佑介が追加点を奪うと、ブローダーセンも名古屋にシュート8本を打たれるなかでしのぎ切り、いきなり無失点勝利デビューを果たした。

 そのなかで、Jリーグ公式ツイッターは、「Jリーグデビュー戦にしてビッグセーブ連発」と綴り、ブローダーセンの好守をピックアップした。2点リードで迎えた後半5分、名古屋はFWマテウスが前線の対角線上にロングフィードを送り、後半開始から出場したFW前田直輝がペナルティーエリア右でボールを収める。カットインからすかさず左足シュートを放ち、ボールは横浜FCのゴール左上隅に飛んだが、身長188センチのブローダーセンが左手一本でこれを弾き、ピンチを防いだ。

 ファンからは、「これを止めるのは凄い」「よく逆手の指だけで弾いた」「さすがドイツ人GKは違う」「ハマのブロ」といった驚きの声が上がっており、横浜FCが降格圏から脱出するうえで新守護神が切り札となるかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」