「監督が前向き」 久保建英、マジョルカへの“再レンタル”交渉が今週末に進展か

U-24日本代表の一員として東京五輪を戦ったMF久保建英【写真:Getty Images】
U-24日本代表の一員として東京五輪を戦ったMF久保建英【写真:Getty Images】

「AS」紙はレンタル料と、久保のマジョルカへの関心が鍵になるとレポート

 U-24日本代表の一員として東京五輪を戦ったMF久保建英は、来たる2021-22シーズンのプレー先がまだ決定していない。保有権を持つレアル・マドリードはEU圏外枠が埋まっていることもあり、期限付き移籍が濃厚と見られており、6日に東京五輪の3位決定戦も終わり、今週末以降に交渉が大きく動く可能性があるという。スペイン紙「AS」が伝えた。

 久保は2019年夏にスペインの名門レアルと契約。その後はマジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェと期限付き移籍を繰り返してきた。東京五輪のグループリーグで日本人史上初となる3試合連続ゴールを記録するなど、強烈なアピールをした久保の元には多数のチームからオファーが届いているとされる。そのなかで、久保はレアル・ソシエダと古巣のマジョルカの選択肢を意識しているとスペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が報じていた。

 そのなかで、「AS」紙によれば、6日にU-24日本代表としての戦いを終えた久保は今週末以降にレンタルの交渉が進展するかもしれないという。

「今週末をまたいで状況的にレアル・マドリード、マジョルカ、タケの交渉が、マジョルカのユニホームを着るための良い終末になる可能性がある。攻撃陣の補強を求めるルイス・ガルシア監督はこれを前向きに見ている。マジョルカがすべき経済的な浪費と、知っている場所へ戻るということの選手の関心がオペレーションを終える鍵になる」

 移籍交渉では、レアルが設定したとされるレンタル料300ユーロ(約3億9000万円)をクリアできるかが一つの焦点となる。東京五輪でメダル獲得を逃した悔しさをバネに大きく飛躍できるか、2021-22シーズンはどのチームでプレーするのか久保にとっても重要となりそうだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング