PK戦の死闘、「正当性を証明できず」と最低評価は? 英記者がNZ戦“先発11人”を採点

久保は「プレーメーカーとして機能」

【MF】
■遠藤 航(シュツットガルト) 6点
 開始10分に放った林へのクロスで決定機が生まれていれば、ここまでの死闘にならずに済んだが……。10日で4試合の日程で疲労は明白。もはや万全ではない。

■田中 碧(デュッセルドルフ) 6点
 開始30分はミスが散見されたが、そこから向上。強烈なミドルも放った。

■久保建英(レアル・マドリード) 7点
 今大会最も影響の少ないパフォーマンスだったが、プレーメーカーとして機能。厳しいマークでも違いを見せようとしたが、いかなる名手も毎試合決勝点を決めることはできない。

■堂安 律(PSV) 7点
 酒井欠場の影響でこれまで以上に中央でプレー。ドリブルとキープ力で脅威を与えたが、ゴールは奪えず。

■相馬勇紀(名古屋グランパス) 6点
 左サイドで攻守に奮闘。久保とのワンツーで好機も作ったが、ニュージーランド守備陣を瓦解させることができず。

【FW】
■林 大地(サガン鳥栖) 5点
 上田の代わりに再び先発したが、シュート0本に終わるなど正当性を証明することはできず。フランス戦で上田が前線で示した存在感を表現できなかった。

(マイケル・チャーチ/Michael Church)

page1 page2

マイケル・チャーチ

アジアサッカーを幅広くカバーし、25年以上ジャーナリストとして活動する英国人ジャーナリスト。アジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップ6大会連続で取材。日本代表や日本サッカー界の動向も長年追っている。現在はコラムニストとしても執筆。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング