「MLSに移籍すべき元プレミア勝者5人」に香川を英選出 「マンU時代の同僚に続く…」

ギリシャリーグでプレーする元日本代表MF香川真司【写真:Getty Images】
ギリシャリーグでプレーする元日本代表MF香川真司【写真:Getty Images】

香川は米MLSに移籍すべきプレミアの勝者5人の1人に選出

 英サッカーメディア「Sportskeed」が、「MLS(メジャーリーグサッカー)に移籍すべきかつてのプレミアリーグの勝者5人」を特集。元フランス代表MFサミル・ナスリ、元ブラジル代表DFダビド・ルイスなどのビッグネームとともに、現在はギリシャリーグでプレーする元日本代表MF香川真司の名前が挙がっている。

 香川はドルトムントで2年連続ブンデスリーガを制したあとの2012年夏にマンチェスター・ユナイテッドへ移籍。加入1年目、アレックス・ファーガソン元監督の現役最終年となった12-13シーズンにプレミアリーグ制覇を経験した。20試合出場で6得点をマークしたほか、同リーグでアジア出身選手初となるハットトリックも記録した。

 ユナイテッドで2シーズンプレーしたあと、香川は古巣ドルトムントへ復帰。さらにトルコのベシクタシュ、スペインのサラゴサを経て、昨年ギリシャのPAOKに加入していた。かつて日本の背番号10を背負った男は、今年3月に32歳を迎えた。

 さまざまスポーツトピックを扱う英メディア「Sportskeeda」は、「MLSに移籍すべきかつてのプレミアリーグの勝者5人」と題し、プレミアリーグ優勝経験があるスター選手の中なから米1部リーグMLSでのプレーにふさわしい選手を5人ピックアップ。そのうちの1人として香川を選出された。

 記事では、香川について次のように記述されている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング