なでしこJ、ベスト8進出! チリを1-0撃破…岩渕&田中の連係で崩して決勝ゴール

ゴールを決めたなでしこジャパンFW田中美南【写真:Getty Images】
ゴールを決めたなでしこジャパンFW田中美南【写真:Getty Images】

後半32分に田中美南が先制ゴール、3位の中での上位2チームに入りベスト8へ

 なでしこジャパン(日本女子代表)は、27日に東京五輪のグループステージ最終戦チリ戦に臨み、後半から出場のFW田中美南がゴールをこじ開けて1-0の勝利。大会初勝利を挙げて準々決勝への切符を手にした。

 ここまで2試合を1得点で1分1敗の日本は、他グループの状況からも勝利すればグループ2位、もしくは3位でも準々決勝に進出。引き分けの場合は3位となり30分遅く始まるF組の結果次第、敗戦の場合は4位敗退という状況でキックオフを迎えた。センターバックにDF宝田沙織が今大会初出場し、MF林穂之香もスタメン出場するなど、第2戦のイギリス戦から多くのメンバーを入れ替えた。

 日本は立ち上がりからオープンな展開を辞さない攻撃的な入りを見せた。その中でセットプレーからピンチも招いたものの、前半17分にはペナルティーエリア内まで進出したMF杉田妃和が相手GKと1対1のチャンスを得たが、大会トップクラスのGKと評判のクリスティアネ・エンドレルに左足でセーブされてしまった。同21分にもFW岩渕真奈が切り込んだが、シュートはギリギリのところで相手DFにブロックされた。

 日本はその後の時間帯もアタッキングサードまで進出する場面は作ったものの、全体的なプレー精度を欠いて無得点で前半を終えた。

 後半開始から高倉監督はFW菅澤優衣香に代えてFW田中美南を投入。そして、早いタイミングで林に代えてFW遠藤純も投入し、4-3-3にシステムを変更。遠藤が左サイドに入る一方で、岩渕と田中は中央でプレーし、右サイドはオーバーラップするDF清水梨紗が攻撃を担った。

 前半以上に中央にボールが集まりながらも、アタッキングサードの混戦からチャンスが生まれそうな場面は増えた。その中で後半13分にはペナルティーエリア内に進出した遠藤が得意の左足を振ったが、ボールをミートできずにシュートは力なく枠を外れた。同21分にはチームの中心的な存在としてプレーしてきたMF長谷川唯に代え、最年少の18歳MF木下桃香を投入と、高倉監督の苦悩が見える采配になった。

 そうした中で同25分にはゴール前に攻め込まれる大ピンチを迎え、ヘディングシュートがクロスバーに当たって真下に落ちる際どいシーンになった。ゴールラインをボールが越えたか判断の難しいほどのものだったが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)からもゴールの合図はなく、日本は冷や汗を流しただけで済んだ。

 日本に待望のゴールが生まれたのは同32分、ペナルティーエリア内で相手を背負ってキープした岩渕からのラストパスで、田中が最終ラインの背後へ抜け出した。相手GKも飛び出してくる中で田中は冷静に少し浮かせたシュートを放ち、1-0の先制ゴールを奪った。

 初戦のカナダ戦でPK失敗があった田中の一撃が決勝ゴールになり、日本は1-0で勝利した。同組のカナダとイギリスの試合は1-1に終わり、日本は勝ち点4に伸ばして、同勝ち点でG組3位のオーストラリアを得失点差で上回ったため、少なくとも3位の中での上位2チームに入ることが確定。ベスト8への進出を決めた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング