「スキャンダルではない」 EUROで物議のダイブ&踏みつけ、審判長が主審を擁護

UEFAの審判長がスターリングらの疑惑の判定について言及【写真:AP】
UEFAの審判長がスターリングらの疑惑の判定について言及【写真:AP】

EUROで物議を醸したスターリングのダイブ疑惑とジョルジーニョの踏みつけに言及

 欧州選手権(EURO)準決勝のイングランド対デンマーク戦では、イングランド代表FWラヒーム・スターリングのダイブ疑惑が物議を醸したが、欧州サッカー連盟(UEFA)の審判長ロベルト・ロゼッティ氏は、判定が正しいものだったと主審を擁護している。英紙「ガーディアン」が報じた。
 
 イングランド対デンマーク戦(2-1)で話題となったのは、1-1で迎えた延長前半14分のワンシーンだ。ペナルティーエリア内でデンマーク代表DFヨアキム・メーレがスターリングを倒し、イングランドにPKが与えられた。この場面について、メーレの足がスターリングに触れておらず、シミュレーション行為だったのではという疑惑が浮上していた。

 このPKからFWハリー・ケインの決勝ゴールが生まれたため、敗れたデンマークを率いるキャスパー・ヒュルマンド監督は「存在するべきではなかったPK」と判定に不満を示していた。

 しかし、ロゼッティ氏は検証の結果、DFがボールにプレーしようとしていなかったと指摘したうえで、「スキャンダルではない」とダニー・マッケリー主審が下したPKの判定を支持した。

「彼は赤の5番(メーレ)を見たが、彼はボールにプレーしていなかった。ダニーはDFの右足が、白(イングランド)の選手の右足に接触しているのを見た。これは主審がフィールド・オブ・プレーで見たもので、VARも赤の5番のDFがボールに触れていないことを確認した。当然、接触の強度について議論することはできるが、私たちは常に主審が意思決定の中心にいることを望んでいる」

 また、決勝戦のイタリア対イングランドでは、イタリア代表MFジョルジーニョのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュに対するタックルが物議を醸した。実際はファウルでイエローカードの判定となったが、ジョルジーニョはグリーリッシュの左膝付近を踏みつけるような格好となっていたため、レッドカードに相当するものではという意見が挙がっていた。

 これについてもロゼッティ氏はビョルン・カイパース氏の判定は正しいものだったと主張している。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」