「謝罪というより反論」 差別疑惑のグリーズマン&デンベレの“態度”に韓国メディア言及

バルセロナFWオスマン・デンベレとFWアントワーヌ・グリーズマン【写真:Getty Images】
バルセロナFWオスマン・デンベレとFWアントワーヌ・グリーズマン【写真:Getty Images】

楽天の三木谷会長が抗議を表明し、バルセロナも謝罪の公式声明を出す事態にまで発展

 スペイン1部バルセロナに所属するフランスFWウスマン・デンベレと同代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、日本人に対して差別的な言動をしたとされる騒動の余波は拡大している。クラブ側も現地時間7日に公式声明を発表する事態となったなか、韓国メディアは両選手の“釈明”に注目しつつ、「東洋人差別」と指摘した。

 今回の騒動は英紙「デイリー・メール」などが報じたもので、2019年夏にバルセロナのプレシーズンツアーで来日した際のものと見られる映像がSNS上に流出したのが発端。宿舎となっていたホテルの部屋でデンベレとグリーズマンが日本人スタッフの容姿や言葉を侮辱した言動が収められていたとして、世界各国で波紋を広げている。

 グリーズマンとデンベレは、自身のSNSを通じて「差別の意図はなかった」「傷つける可能性があったことは認める」と釈明と謝罪を行なったが、事態は急速に進展している。

 2017年からバルサのスポンサーとなっている楽天グループ代表の三木谷氏が、6日にツイッターで声明を発表。「FCBの選手が差別的発言をした事について、クラブのスポンサーまたツアーの主催者としてとても残念に思います」と記したうえで、「楽天はバルサの哲学に賛同し当クラブのスポンサーをしてきただけにこのような発言は、どのような環境下でも許されるものではなく、クラブに対して正式に抗議すると共に見解を求めていきます」と、クラブに対して抗議することを表明した。バルセロナも「日本をはじめとするアジアのファンおよびパートナーの皆様に不快な思いをさせたことについて、非常に遺憾に思います」と、公式声明を出していた。

 韓国のニュース専門テレビ局「YTN」は「東洋人差別」と見出しを打ち、「デンベレとグリーズマンが謝罪文を出したが、波紋は収まらない。一部のファンは、『謝罪文というよりは反論文に近い』と批判している」と伝えている。

 グリーズマンは、株式会社コナミとのアンバサダー契約が解除となるなど、発言の代償はあまりに大きくなっている。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング