“極太腕”に注目? イブラヒモビッチ、“元祖怪物”ロナウドとの豪華2ショットに反響

怪物ロナウド氏とミランFWイブラヒモビッチ【写真:Getty Images & AP】
怪物ロナウド氏とミランFWイブラヒモビッチ【写真:Getty Images & AP】

休暇中のイブラヒモビッチが憧れの存在であるイブラヒモビッチと邂逅

 ACミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは左膝の手術を受けて家族と休暇中だが、自身の公式ツイッターに怪物ロナウド氏との豪華2ショットを公開して海外メディアでも注目を集めている。

 39歳のイブラヒモビッチは、故障もありながら2020-21シーズンにセリエAで19試合に出場して15得点2アシストと結果を残し、今年3月には5年ぶりにスウェーデン代表にも復帰を果たした。

 欧州選手権(EURO)にも出場予定だったが、現地時間5月9日のセリエA第35節ユベントス戦(3-0)で左膝を負傷。6月18日に関節鏡手術を受けて成功したとミランから発表されていた。

 現在は家族と休暇を過ごすなか、自身のツイッターに「想像してみて。ロナウドだよ」と綴り、元ブラジル代表FWロナウドとの2ショットを公開した。

 スペイン紙「AS」は、「スウェーデンのスターは休暇中、尊敬していると常に言ってきたブラジルのレジェンドと邂逅した」と伝えれば、FIFA(国際サッカー連盟)公式ツイッターも「このペアが(敵に)いたらディフェンダーはナーバスだっただろう」とその偉大さを伝えている。

 ファンも「神と怪物」「イブラヒモビッチの腕ヤバ太い」「ズラタンご満悦」といった声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド