EURO“優勝候補”ベルギーが敗退 デ・ブライネ、ルカクら奮闘も…「悲しくて無念」

ベルギー代表はイタリア代表に敗れベスト8で敗退【写真:AP】
ベルギー代表はイタリア代表に敗れベスト8で敗退【写真:AP】

準々決勝イタリア戦で1-2敗戦、マルティネス監督が悔しさを吐露「彼らが優れていた」

 国際サッカー連盟(FIFA)の世界ランキング1位で欧州選手権(EURO)に臨んだベルギーは、現地時間2日の準々決勝イタリア戦に1-2で敗れて大会を去った。ロベルト・マルティネス監督は「敗退に値するチームではなかった」と悔しさを露わにしている。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」がコメントを報じた。

 ベルギーは16強のポルトガル戦で負傷したMFケビン・デ・ブライネはスタメンに復帰できたものの、MFエデン・アザールは間に合わずに登録外になった。そうした中で前半はイタリアにボール保持を許しながらもカウンターが機能し、デ・ブライネやFWロメル・ルカクのシュートがゴールを脅かしたものの、相手GKジャンルイジ・ドンナルンマのファインセーブに阻まれた。

 そうした中で、ゴール前の倒れている選手に集中を欠いてMFニコロ・バレッラに先制点を許すと、FWロレンツォ・インシーニェがボールを持った際には最終ラインがズルズルと下がってミドルシュートを決められ、2点ビハインドになった。

 それでも前半終了間際に獲得したPKをルカクが決めて1点差に詰め寄ったが、後半にはルカクの決定機が防がれた場面の他はイタリアにうまく時間を使われて逃げ切りを許した。

 マルティネス監督は「感想は悲しくて無念だということのみ。敗退に値するチームではなかった。素晴らしい仕事と準備を大会前から続けてきた。イタリアは素晴らしいチームで、望ましくない方向に試合が進んだ。前半は彼らが優れていた。カウンターでしかチャンスがなく、自分たちから何かを生み出せなかった。後半は集中を取り戻し、同点に近づき、あるいは手の届くところまでいった。選手たちのプレーに対する後悔は一切ない」と、試合を振り返った。

 デ・ブライネやルカク、アザール兄弟といったベルギーサッカーの黄金世代が20代後半から30代前半に差し掛かりつつあるが、18年ロシア・ワールドカップ(W杯)では準決勝でフランス、このEUROでは準々決勝でイタリアといった伝統国に阻まれた。来年のカタールW杯が黄金世代のキャリアが全盛期にあるラストチャンスになると見込まれるが、ベルギーはその野望を達成することができるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  2. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  3. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  7. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  10. 「コースえぐい」 堂安律のブンデス開幕ゴールに喝采、左足の“低弾道ミドル弾”「振りが速い」と驚き