守田英正、トルコ名門ガラタサライ移籍が浮上 現地報道「獲得リストに入れた」

ポルトガルのサンタ・クララでプレーするMF守田英正【写真:Getty Images】
ポルトガルのサンタ・クララでプレーするMF守田英正【写真:Getty Images】

現地複数メディアが獲得への関心を報道、サンタ・クララ側へすでに接触か

 ポルトガル1部サンタ・クララの日本代表MF守田英正に、トルコ移籍の可能性が浮上している。現地の複数メディアは名門ガラタサライが獲得に関心を示していることを報じた。

 守田は今年1月、サンタ・クララへ3年半契約で加入。デビュー戦(リーグ第15節リオ・アヴェ戦/2-1)で決勝ゴールを奪う上々のスタートを切ると、リーグ戦20試合2得点をマークした。日本代表としても存在価値を高めており、さらなる飛躍が期待されている。

 そんななか、複数のトルコメディアがガラタサライからの関心を報道。「A SPOR」は「すでにサンタ・クララの経営陣と日本人選手のマネージャーに接触している。トルコのクラブは日本とセルビアの親善試合で、この選手の質の高さに感銘を受けた」と指摘。「Fanatik」紙もガラタサライからの関心を伝え「6番のポジションに明確なパフォーマンスを発揮する選手を連れてくることを計画し、獲得リストに入れた」と綴っている。

 ガラタサライは国内リーグで最多22度の優勝を誇る強豪で、今季はリーグ2位に終わりタイトル獲得を逃した一方、来季のUEFAチャンピオンズリーグ予選への出場権を獲得。来季に向けて新たなチャレンジへ踏み切るかに注目が集まる。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング