日本代表と五輪世代の対決は“禁断のマッチメーク” 封印のきっかけとなった苦い記憶

A代表とU-24代表の対決が実現【写真:ⓒJFA】
A代表とU-24代表の対決が実現【写真:ⓒJFA】

アマチュア時代に組まれていた日本代表と国内単独チームとの試合

 6月3日に予定されていたジャマイカ戦が中止になり、日本代表の相手は東京五輪を目指すUー24日本代表に決まった。

 だがアマチュア時代に遡ると、日本代表は国内の単独チームや選抜との対戦で苦い想いをしている。実は日本代表が最後に国内の単独チームと対戦したのは1985年。読売クラブに敗れたのを機に封印されることになった。

 キリンカップの前身に当たるジャパンカップは、その7年前に幕を開けた。特に第1回は、海外から複数の強豪クラブとアジアから代表チームを招聘し、過去に例を見ない華々しいトーナメントとして注目を集めた。当初日本からは代表とBチームに相当する選抜が出場していたが、第3回(1980年)からは代わりに天皇杯の優勝チームが参加することになる。それでも最初の2大会は、日本代表と天皇杯優勝チームが別のグループに分かれたので直接対決はなかったが、第5回(1982年)からは出場全チームの総当たり方式に変わった。

 第6回(1983年)は5チームが参加し、天皇杯を制したヤマハ発動機(現ジュビロ磐田)が3位なのに対し日本代表は最下位。しかし直接対決は0-0で分けており、大きな問題にはならなかった。だが事件が起こったのは、キリンカップに名称が変更になった第8回(1985年)だった。

 まず大会を前に日本代表メンバー発表の席に着いた森孝慈監督が、肝心の招集選手を把握できていなかった。日本代表の指揮官本人が、そこで初めて加藤久、都並敏史、松木安太郎と読売クラブ所属の3人が抜けていることに気づくのだ。今ではあり得ない失態で、主催者側が代表監督に確認もせずに3人を所属クラブでプレーさせると決めてしまっていた。

 そもそも大会創設の最大の目的は、日本代表の強化だった。しかも、その日本代表はワールドカップ(W杯)予選を控えていた。森監督は早速、読売クラブのルディ・グーテンドルフ監督に連絡を取り、3人を代表チームのほうでプレーさせられるように直談判。グーテンドルフ監督も、この企画には疑問を抱いていたそうだが、結局当初決められた通りに両チームの直接対決は実現してしまう。

 特に日本代表を熱愛しながら、そのチームを叩きに行かなければならない都並の心中は複雑だった。

「技術レベルを比べれば読売クラブが上なのは分かっていた。逆に技術で劣る代表はチームワークが生命線になる。個人的には、日本代表でプレーしたかった」

page1 page2 page3

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド