43歳ブッフォン、今季限りでのユベントス退団を明言 「この経験を今年で終える」

ユベントスに所属する元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン【写真:Getty Images】
ユベントスに所属する元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン【写真:Getty Images】

別チームを探す選択肢だけでなく、現役引退の可能性にも言及

 セリエAの名門ユベントスに所属する元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、今季限りで退団することを明らかにしたという。衛星放送「スカイ・スポーツ」イタリア版が11日、公式ツイッターで速報した。

 ブッフォンは1978年生まれの43歳だが、17歳でパルマでのセリエAデビューから第一線で戦い続けてきた“鉄人”でもある。ユベントスには2001年に移籍し、06年にはイタリア代表としてワールドカップ(W杯)の制覇を果たした。

 その後、18年夏にはユベントスを退団してフランス王者パリ・サンジェルマンに加入するも1年で退団。19年夏から再びユベントスでプレーしている。しかし、キャリアの最終盤でレギュラー出場のできるクラブを探しているという報道もあった。

「スカイ・スポーツ」では、「この経験を今年で終える。引退するか、別のチームを見つけるか。いずれにせよ、ユベントスでのサイクルには全力を尽くした」というブッフォンのコメントを報じている。

 引退の可能性にも言及したブッフォンが、どのような決断を下すのかが注目されるが、いずれにせよ、ユベントスでの姿を見るのは今季限りということになった。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング