「崇高」「なんてロケット!!!」 名古屋FWマテウスの“高精度FK弾”に海外衝撃

衝撃フリーキックを決めた名古屋グランパスFWマテウス【写真:小林 靖】
衝撃フリーキックを決めた名古屋グランパスFWマテウス【写真:小林 靖】

川崎との首位攻防戦に2-3で敗戦も…マテウスが決めたFK弾に海外反応

 名古屋グランパスは4日、J1リーグ第12節で川崎フロンターレとの“天王山”に臨み、2-3で敗れた。首位川崎との勝ち点差が「9」に広がる痛恨の敗戦となった一方、終盤に生まれたFWマテウスの直接FKには海外からも称賛の声が上がっている。

 4月29日に豊田スタジアムで行われた川崎戦に0-4で大敗していた名古屋は、スタメンを4選手入れ替えて“天王山”第2ラウンドに臨んだが、前半31分にセットプレーから川崎DFジェジエウにヘディングシュートを決められ、2試合連続で先制を許してしまう。さらに後半5分にサイドを攻略され、DF山根視来に2点目を奪われると、同14分にはDF丸山祐市が痛恨のバックパスミスでオウンゴール。敵地で0-3とリードを許す展開となった。

 名古屋はFW齋藤学、FW柿谷曜一朗、FWガブリエル・シャビエルとアタッカーを立て続けに投入して反撃を開始。同28分には右サイドを崩し、MF稲垣祥が決めて1点を返した。そして驚きの一撃が生まれたのは同38分だ。敵陣右サイドで得たFKのチャンス。角度があるため中央に合わせるボールを蹴ることが予想されるなかで、キッカーを務めたマテウスは左足を強振。鋭く曲がって落ちるボールは、相手GKチョン・ソンリョンの頭上を破り見事にファーサイドネットに突き刺さるゴラッソとなった。

 このゴールを、Jリーグ公式ツイッター英語版が「ゴーーーーール! マテウスのなんてフリーキックだ!」と速報すると、「なんてロケット!!!」「崇高なフリーキック」といった海外からの反応があった。Jリーグの頂上決戦で生まれたゴラッソの反響が広がっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング