怪物ハーランド、今季のブンデス“スピード王”にバイエルン新星DFを抜いて記録更新

ドルトムントで得点を量産するFWハーランド【写真:Getty Images】
ドルトムントで得点を量産するFWハーランド【写真:Getty Images】

10日のシュツットガルト戦で時速36.04kmをマークし、カナダ代表DFデイビス超え

 類まれな決定力を誇るドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドは、スピード面でもブンデス最高レベルであることが分かった。ドイツ王者バイエルン・ミュンヘンの俊足DFアルフォンソ・デイビスを超えるスピード記録を打ち立てたという。

 ハーランドは、2020年1月にオーストリア1部レッドブル・ザルツブルクからドルトムントに移籍。加入当初からゴールを量産してレギュラーポジションを不動のものとすると、今季は公式戦35試合で33得点をマークしている。

 左足の強烈なキックや身体能力の高さを生かしたパワフルなプレーが持ち味とするハーランド。その決定力だけでなく、スピードもまさに規格外だ。

 ブンデスリーガ公式サイトによると、ハーランドは現地時間10日に行われたリーグ第28節シュツットガルト戦(3-2)において、時速36.04キロメートルを記録。バイエルンのカナダ代表DFデイビスが記録した時速35.9キロメートルを抜き、今季の“ブンデス最速記録”を更新した。

 バイエルンのデイビスと言えば、今年2月のビーレフェルト戦で日本代表MF堂安律を背後から追い抜く驚異のスピードを見せたことでも話題を呼んだサッカー界屈指のスプリンターとして知られるが、ハーランドがそれを上回るスピードを示したようだ。

 なお、2011年にデータ測定が始まって以降での歴代記録ではデイビスが昨シーズンの第32節ブレーメン戦で記録した時速36.53キロメートルが1位とされている。ハーランドがブンデス史上最速の“スピードキング”になる日も近いのかもしれない。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング