闘莉王、最強の“相棒”中澤佑二の知られざる凄みを激白 「ヘディングの強さは申し分ないが…」

日本代表時代の中澤佑二氏と闘莉王氏【写真:Getty Images】
日本代表時代の中澤佑二氏と闘莉王氏【写真:Getty Images】

「闘莉王TV」で“ボンバー”中澤佑二氏の凄さを熱弁 「1対1の強さ」

 2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)で日本代表は大会通算2失点という最小記録で、16強進出を果たした。このチームで盤石の存在感を放ったのはセンターバックコンビだった。元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏は最強の相棒と認める中澤佑二氏の知られざる“凄み”について語っている。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 闘莉王氏はブラジルで実業家として活躍する一方、公式YouTube「闘莉王TV」でブラジルの魅力を発信しているが、最新回のテーマは中澤氏。ボンバーヘッドの異名でエアバトラーとして有名なストッパーについて、かつての相棒は「ユウジさんね、ヘディングの強さは申し分ないですが、ユウジさんの最も凄いところは1対1の強さ」と証言している。

 敏捷性、ステップの細かさなど、対人能力の高さこそが中澤氏の日本随一の能力と解説。「佑二さんを抜ける人は日本でなかなか見られなかった。どんなスピードがあろうと、テクニックがあろうとかわすシーンはなかなか見られない」と相棒だからこそ実感する凄みを語っている。

 南アフリカW杯前の試合で当時の岡田武史元監督に叱責された爆笑エピソードも紹介。自身の引退会見にサプライズゲストとして登場した中澤氏との仲の良さが伝わっている最新回となっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング