反転ミドル弾の田中陽子、現地の“今節ベスト11”選出 ウエルバ同僚も拍手で祝福

ウエルバでプレーするMF田中陽子【写真:Getty Images】
ウエルバでプレーするMF田中陽子【写真:Getty Images】

ビルバオ戦で今季2ゴール目を挙げ、勝ち点1獲得に貢献

 スペイン女子1部スポルティング・ウエルバのMF田中陽子は、現地時間14日に行われたリーグ第22節アスレティック・ビルバオ戦(1-1)で今季2ゴール目を記録し、勝ち点1獲得に貢献。現地の“今節のベストイレブン”にも選出された。

 4試合連続のスタメン起用となった田中。チームが前半13分に先制点を許す苦しい展開のなか、後半28分に輝きを放つ。

 敵陣で攻め込むウエルバは、クロスがクリアされたところをDFサンドラ・カステジョが競り合いで落とし、ペナルティーアーク左で田中が収める。すると、左に反転して迷わず右足を一閃。相手のブロックをすり抜けた鋭いシュートは、ワンバウンドしてゴール左隅に突き刺さった。

 価値ある同点弾について、スペインサッカー連盟(RFEF)公式サイトも「タナカのエリア外からの強烈な一撃」と各カードの試合結果で伝えていた。

 スペイン女子1部のニュースを取り扱う「Liga IBERDROLA」公式インスタグラムでは第22節のベストイレブンを選出。田中は3-5-2システムの前線に名を連ねている。ウエルバのMFミケラ・ウォルドマンも、拍手の絵文字で殊勲の同僚を称えた。

 直近5試合で2得点2アシストと好調を維持しており、苦しいチームを救う活躍に期待が懸かる。

「Liga IBERDROLA」選出した第22節のベストイレブンは以下の通り。

<GK>
ミサ・ロドリゲス(レアル・マドリード)

<DF>
ルシア・ロドリゲス(レアル・ソシエダ)
マリア・メンデス(レバンテ)
マリア・ネイラ(サンタ・テレサ)

<MF>
パトリシア・ギハーロ(バルセロナ)
アルバ・メリーノ(デポルティーボ)
グラハム・ハンセン(バルセロナ)
エステラ・フェルナンデス(マドリードCFF)
アテナ・デル・カスティーロ(デポルティーボ)

<FW>
田中陽子(ウエルバ)
マリ・パス・ビラス(ベティス)

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング