18歳の大久保を見た外国人監督が成功を確信 日本人FWで稀有なゴールへの“集中力”

かつてJリーグの清水を率いたゼムノビッチ氏が初めて高校のサッカー部監督となった【写真:相生学院高校サッカー部】
かつてJリーグの清水を率いたゼムノビッチ氏が初めて高校のサッカー部監督となった【写真:相生学院高校サッカー部】

レアルの英雄FWブトラゲーニョは「9本外し続けて10本目も狙うストライカー」

 また日本特有の謙虚さが、裏目に出てしまうこともある。

「清水エスパルスで指導した伊東輝悦(アスルクラロ沼津)は、体も強く技術も高くパスも正確、物凄いシュートも持っていました。当時世界最高峰だったセリエAでも十分にやれたはずです。ところが試合になると、シュートではなく横パスを選択してしまう。せっかく持っている長所を出し切れないところがありました」

 逆にゼムノビッチ氏が師と仰ぐミリヤン・ミリヤニッチ(ユーゴスラビア代表やレアル・マドリードなどの監督を歴任し、同国協会会長も務めた=故人)は、かつてレアルのエースストライカーとして君臨したエミリオ・ブトラゲーニョについて語っていたという。

「彼は一番シュートを外しているけど、一番決めてもいる。9回外しても10回目のシュートも同じ気持ちで臨める。それだけの集中力を持っているんだ」

 日本では9本外し続けて10本目も狙うストライカーは皆無に近い。ただしミリヤニッチは、それを自信やエゴの問題ではなく、集中力だと捉えているところが興味深い。

 再びゼムノビッチ氏が続けた。

「日本でも同じ姿勢を見せている選手がいた。18歳の大久保嘉人でした。どんな時間帯でも必ず自分でゴールを奪いに行く。良い選手になると確信しました」

 ゼムノビッチ氏は、清水時代にユースチームを率いてアルゼンチンでの国際大会に参加してみて「つくづく日本人になった」と感じたという。

「ボカやリーベル・プレートを筆頭に有名な32チームが集結した大会でした。私は2時間前にグラウンドに到着。ところが30分経っても誰も来なくてスタジアムの中へも入れない。ようやく試合開始の30分くらい前になって管理人が来て開けてくれた。結局試合は45分遅れで始まりましたよ」

 管理人は「グラウンドは1日中空いている。時間通りじゃなくても大丈夫だよ」と笑っていたそうである。

(加部 究 / Kiwamu Kabe)


page1 page2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング