鎌田大地の才能は「世界でも特別」 独識者が称賛「アイデアに命を吹き込む」

フランクフルトの日本代表MF鎌田大地【写真:Getty Images】
フランクフルトの日本代表MF鎌田大地【写真:Getty Images】

現地ジャーナリストがポテンシャルに“太鼓判”「どう成長していくのかを知りたい」

 フランクフルトの日本代表MF鎌田大地は、現地時間20日のブンデスリーガ第22節バイエルン・ミュンヘン戦(2-1)に先発し、1得点1アシストの活躍で勝利に貢献した。持ち前の技術とセンスで攻撃を操る鎌田の働きぶりに対し、ドイツ人識者は「世界でも特別な存在に見える」と絶賛している。

 20日のバイエルン戦でスタメン出場した鎌田は、前半12分に左サイドからペナルティーエリア内に侵入したセルビア代表MFフィリップ・コスティッチからのクロスを右足で合わせて今季リーグ戦3点目をマーク。同31分にはドイツ代表MFアミン・ユネスの追加点をアシストし、2-1の勝利に貢献した。

 前節のケルン戦(2-0)では1アシストを記録し、その前のホッフェンハイム戦(3-1)でも約50メートルのロングフィードで3点目の起点となった鎌田。目下、11戦無敗を誇るフランクフルトの攻撃を堂々と牽引する姿に、ドイツのスポーツジャーナリスト兼作家であるロナルド・レング氏は賛辞を送っている。

 2年前から鎌田を追っているというレング氏は、母国の週刊誌「Spiegel」に鎌田に関する記事を寄稿。日本人アタッカーのプレーに“一目ぼれ”したことを明かしたうえで「美的な繊細さでボールを受け止め、戦略的な巧妙さでパスを出していたので私は一瞬にして虜になった」と当時を回想しつつ「世界にはもっと重要で、効率的で、より優れたサッカー選手がいるが、それでも鎌田はボールに触れた瞬間に特別な存在に見える。彼はゲームの最も難しい部分をマスターしているからだ。彼はアイデアに命を吹き込む」と、技術とセンスを称えた。

 一方でレング氏は、今シーズン前半のパフォーマンスに対し「単純にボールロストが多く、不規則なプレーをしていた」と指摘。それでも「フランクフルトのアディ・ヒュッター監督は、偉大なサッカー選手の形は行ったり来たりすることを知っていた」と、パフォーマンスに波がありつつも、シーズン後半に差し掛かるにつれて本領を発揮し始めた鎌田のポテンシャルに熱視線を注いでいる。

 寄稿文では「世界の強豪チームがどのように戦術的に配置されているかとか、そういうことには興味がない。日本から来た24歳の少年がアイントラハト・フランクフルトでどのように成長していくのかを知りたい」とも綴られており、ブンデスリーガで着実に成長を遂げる鎌田の姿は、海外からも注目されているようだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング