王者川崎、主将DF谷口が”初陣”へ意欲「今年も強いと思ってもらえるゲームをしたい」

川崎主将のDF谷口彰吾【※画像はスクリーンショットです】
川崎主将のDF谷口彰吾【※画像はスクリーンショットです】

ゼロックス杯でG大阪と対戦 「結果にこだわって戦いたい」(谷口)

 日本サッカーのシーズン幕開けを告げる「FUJI XEROX SUPER CUP2021」を翌日に控え、川崎フロンターレの鬼木達監督と主将のDF谷口彰吾が19日の前日会見に出席。記録的な強さを見せた昨シーズンからの積み上げを強調しつつ、新型コロナウイルスの影響によるオフの難しさについても触れた。

 昨季の川崎は26勝5分3敗の勝ち点83で、9ポイントも史上最多勝ち点記録を更新。また、総得点88。得失点差+57も、歴代最高を更新した。リーグ戦の最速優勝に加え、天皇杯制覇も果たして、日本サッカー史上の「最強チーム」の呼び声も高い。

 その川崎は、リーグ戦と天皇杯をいずれも2位で終えてリベンジを期すガンバ大阪を埼玉スタジアムで迎え撃つ。

 新シーズンを前に鬼木監督は「キャンプから積み上げてきたものを出すことに尽きる」と話し、「昨シーズンに選手が全力で取り組み、記録的な数字を出してくれたと思う。それを超えるのは簡単ではないので、積み上げをしっかりしていこうと。その取り組みには素晴らしいものがある。難しい記録かもしれないが、昨年以上を目指さないと超えられないので、そこを目指す」と、昨年のチームの延長線上に今季のチームを置いての進化を図っている。

 主将の谷口は「一発勝負の緊張感を楽しみつつ、結果にこだわって戦いたい」と試合を見据える。また、「キャンプから継続してハードなトレーニングができているし、チーム内でも日々高いレベルで競争できている。キャンプから戻ってきて、公式戦が近づいてきているという雰囲気もトレーニングに出てきて、いよいよ始まるという空気がある」と、沖縄県キャンプを経てのチーム状況を語った。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング