「国見の先輩を連れていくと…」 闘莉王、大久保との“爆笑エピ”に反響「吹きました」

大久保嘉人について語った元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏【写真提供:闘莉王TV & ©CEREZO OSAKA】
大久保嘉人について語った元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏【写真提供:闘莉王TV & ©CEREZO OSAKA】

「闘莉王TV」で“親友”大久保嘉人との関係を告白、C大阪での活躍にエール

 元日本代表FW大久保嘉人は今オフ、J1セレッソ大阪に15年ぶりに復帰を果たした。現在J1リーグ通算185得点で歴代最多ゴール記録保持者のストライカーは、通算200ゴール達成を目標に掲げるなか、元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏は共通の弱点や国見高校の“鉄の掟”を紹介すると、ファンは「吹きました」「イラッとするのくだりおもろい」と反応している。

 38歳の大久保は2001年にC大阪でプロデビュー。05年以降はマジョルカ(スペイン)やヴォルフスブルク(ドイツ)でもプレーし、13年から在籍した川崎フロンターレではJリーグ史上初の3年連続得点王に輝いた。昨季はJ2の東京ヴェルディに所属し、新シーズンからは15年ぶりに古巣C大阪でプレーする。

 現在ブラジルで実業家として活躍する闘莉王氏は、公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」の最新話でC大阪に凱旋した親友の大久保を特集している。

「セレッソに行って、嘉人らしいサッカーができれば間違いなく活躍できる」

 アテネ五輪と日本代表で共闘した親友の、C大阪での活躍に太鼓判を押した闘将。現役時代に対戦した際の思い出を振り返ると、「嫌なフォワードではなかった。浦和の時には必ず鈴木啓太に、肘か何か入れて退場してくれた」「すぐイラっとする。僕もそうだけど、(怒りの沸点が)0から100に行くのが早い」と現役時代の自分自身と同じ、大久保の激情家ぶりを笑顔で振り返っていた。

 そして、大久保の出身校である国見高の上下関係の厳しさにも言及。「僕が国見の先輩を連れていくと、すごく礼儀正しくなる。どんなに飲んでもきちんとする嘉人は先輩がいないと見られない」と語り、国見高OBで浦和時代のチームメートだった元日本代表GK都築龍太氏との関係を「獲物(大久保)のようにライオン(都築氏)に近づかない」と独特の表現を披露していた。

 爆笑エピソードの数々にファンも反応している。

「凄く愛があるのが伝わります」
「退場してくれたで吹きました」
「都築だろうなと思って見てたら案の定都築」
「イラッとするのくだりおもろい」
「闘莉王ほんとに良い奴。大好き」

 プロ入りがどちらも2001年という同期の絆がにじみ出る特集になっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング