先発落ちの久保建英、2戦連続“ジョーカー起用”も0-1敗戦 ヘタフェは4戦無得点で3連敗

ヘタフェMF久保建英は途中出場するもレアル・ソシエダに惜敗【写真:Getty Images】
ヘタフェMF久保建英は途中出場するもレアル・ソシエダに惜敗【写真:Getty Images】

ホームでソシエダに敗戦、2戦連続ベンチスタートの久保は後半13分から出場も不発

 日本代表MF久保建英が所属するヘタフェは14日、リーガ・エスパニョーラ第23節のレアル・ソシエダ戦に臨み、0-1で敗れてリーグ戦3連敗となった。2試合連続でベンチスタートとなった久保は後半13分から出場し、右サイドハーフに入ったが得点を演出することはできなかった。

 今季開幕前にレアル・マドリードからビジャレアルへ期限付き移籍した久保だったが、1月8日にレンタル打ち切りが決定し、ヘタフェへの“再レンタル”が発表された。11日の第18節エルチェ戦(3-1)で途中出場から新天地デビューを果たすと、その後は4試合連続でスタメン出場。だが、9日に行われた第1節順延分の“保有元”レアル戦(0-2)ではベンチスタートとなり、今節のソシエダ戦でも先発落ちとなった。

 試合はこの日も守備的なゲームを展開するヘタフェに対し、アウェーのソシエダが先手を取る。前半30分、右サイドのタッチライン際でボールを受けたDFホセバ・サルドゥアがヘタフェ最終ラインとGKの間に美しい弧を描くクロスを供給すると、ファーサイドに走り込んだFWミケル・オヤルサバルが左足でシュート。これはクロスバーに嫌われるも、ゴール前に詰めていたFWアレクサンデル・イサクが押し込み先制点を奪った。

 直近3試合でノーゴールと得点力不足に陥っているヘタフェのホセ・ボルダラス監督は、1点を追う後半13分に久保とMFカルレス・アレニャを同時投入。久保は4-4-2の右サイドハーフに入った。

 同21分、敵陣右サイドで久保が絡んでFKを獲得すると、キッカーを務めるも直接狙ったシュートは壁を直撃。その流れから右サイドで1対2の局面から鋭い切り返しで相手を翻弄してクロスを送り、味方のヘディングシュートにつなげた。

 同点に追いつきたいヘタフェはその後、ボールを保持するものの思うようにゴール前でのチャンスを作れず。そのなかで久保は右サイドに張るだけでなく、中央に絞ってボールをさばくなど攻撃にリズムを生むべく奮闘した。

 だが試合はこのまま0-1で終了。後半アディショナルタイムにはボルダラス監督が再び退場処分に。4戦ノーゴールで3連敗となったヘタフェのなかで奮闘した久保だったが、結果には結びつかなかった。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング