“親友”大久保嘉人は「嫌なFWではなかった」 闘莉王、自身と共通する“弱点”を指摘

元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏とFW大久保嘉人【写真:Getty Images】
元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏とFW大久保嘉人【写真:Getty Images】

日本代表で共闘したストライカーにエール、現役時代のエピソードを告白

 元日本代表FW大久保嘉人は今オフ、J1セレッソ大阪に15年ぶりに復帰を果たした。現在J1リーグ通算185得点で歴代最多ゴール記録保持者のストライカーは、通算200ゴールを目標に掲げるなか、元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏は闘将として鳴らした現役時代の自分自身と共通する“弱点”の存在を指摘している。

 38歳の大久保は2001年にC大阪でプロデビュー。05年以降はマジョルカ(スペイン)やヴォルフスブルク(ドイツ)でもプレーし、13年から在籍した川崎フロンターレではJリーグ史上初の3年連続得点王に輝いた。昨季はJ2の東京ヴェルディに所属し、新シーズンからは15年ぶりに古巣でプレーする。

 現在ブラジルで実業家として活躍する闘莉王氏は、公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」でC大阪に凱旋した親友の大久保を特集している。

「やんちゃ。仲のいい選手で文句の言いようがない。男としても尊敬できる。父親としても立派」

 ともに2001年にプロ入りし、U-23日本代表として04年アテネ五輪、日本代表として10年南アフリカ・ワールドカップで共闘した大久保を、このように評した闘莉王氏。現役時代にはJリーグの舞台でマッチアップする場面も多かったが、「僕は嫌なフォワードではなかった。あいつの集中力を切らすためにずっと声をかけていた」と、フィールド上で精神的な駆け引きに持ち込んでいたことを告白した。

 そして、「浦和の時には必ず鈴木啓太に肘か何かを入れて退場してくれた。すごく楽だった」と語り、浦和レッズで闘莉王氏がプレーしていた時にラフプレーで退場していたエピソードを嬉しそうに振り返っている。

「言葉責めに弱い? 結構、僕もそうですけれど、(怒りの沸点が)0から100まで行くのが早い。すぐイラっとする」

 テンションがあっという間にゲージを振り切れる闘将としても有名だった闘莉王氏。大久保のキレやすいメンタル面も共通の“弱点”として認めていた。「野性的なところが最も嘉人の良いところ。退場だけはしないで、そこが戻ってくればいい」と語り、今季の活躍に心からエールを送っていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング