浦和MF汰木、ロドリゲス体制下の“攻撃サッカー”で進化 「プレーの幅が広がった」

浦和加入3年目のシーズンへ決意「前に前にというサッカーの先頭に立って…」

 昨季はサイドに開いてボールを受け、そこからのドリブルで変化をつけるプレーがほとんどだったが、今季はよりゴール前に進出していく場面も増えそうだ。浦和加入3年目で、攻撃の中心的な存在になることも期待される汰木は、今季に向けての強い思いを語っている。

「レッズとしての攻撃的なサッカーを見失わず、前に前にというサッカーの先頭に立ってピッチで体現できればと思う。新しいこと、ポゼッションや組み立てを探り探りで迷う部分もあるので、コミュニケーションを取りながらチャレンジしている。開幕までに100%チームとして取り組んできたことが固まることはないと思うけど、それよりもチャレンジしつつ自分たちの前に出て行く攻撃的な強みを継続して出していけたら、相手にとっても嫌だと思うし、見ている人にも楽しくて盛り上がるものになる」

 切れ味鋭いドリブルだけでなく、左右両足でパンチのあるキックを持つのも汰木の魅力だが、これまでその良さを発揮する場面にはあまり恵まれなかった。今季はドリブルだけでなく、ゴールで浦和の勝利を引き寄せることが期待される。

(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング