久保が「珍しい現象の体験」 レアル戦に現地注目「異なる3チームで親クラブに挑戦」

レアル・マドリード戦に途中出場したMF久保建英【写真:Getty Images】
レアル・マドリード戦に途中出場したMF久保建英【写真:Getty Images】

久保は後半10分から途中出場もヘタフェは強豪レアルに0-2で敗戦

 ヘタフェは現地時間9日、リーガ・エスパニョーラ第1節延期分でレアル・マドリードと対戦し、敵地で0-2と敗れた。日本代表MF久保建英は“保有元”との対戦で5試合ぶりのベンチスタート。後半10分から途中出場したが、スペイン大手紙は「異なる3チームで親クラブに挑戦」と取り上げている。

 今季開幕前にレアルからビジャレアルへ期限付き移籍した久保だったが、ウナイ・エメリ監督の下で思うように出場機会を得られず、1月8日にレンタル打ち切りが決定。同時にヘタフェへの“再レンタル”が発表された。第18節エルチェ戦(3-1)で途中出場から新天地デビューを果たすと、その後は4試合連続で先発出場していた。

 しかし、ヘタフェは直近3試合で1分2敗と調子を落とし、久保も守備に追われ、結果を残せずにいた。今節のレアル戦は5試合ぶりのベンチスタート。後半10分に途中投入されるも、チームは同15分、21分と立て続けに失点を喫し、0-2で敗れた。

 久保は保有権を持つレアル相手に不完全燃焼となったが、スペイン紙「マルカ」は「異なる3チームで親クラブに挑戦」と見出しを打ち、マジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェでレアルとの対決を迎え、「ビジャレアルを離れたことで、この段階で親クラブと2度対戦するという珍しい現象の体験に気がついた」と取り上げている。

 4月にはホームでのレアル戦が組まれているが、そこでは保有元相手に目に見える結果を残したいところだ。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング