南野拓実の“冷遇”にリバプールファンも不満 「かわいそう」「オリギより上は論理的」

バーンリー戦でリバプールMF南野は6分間プレー【写真:AP】
バーンリー戦でリバプールMF南野は6分間プレー【写真:AP】

バーンリー戦で5試合ぶりのピッチに立つも、6分間のプレー時間で結果を残せず

 リバプールの日本代表MF南野拓実は、現地時間21日に行われたプレミアリーグ第18節バーンリー戦(0-1)で5試合ぶりのピッチに立つも、わずか6分間の出場で結果を残せずに終わった。ユルゲン・クロップ監督の起用法に、現地ファンも苛立ちを感じ始めているようだ。英メディア「caughtoffside」が伝えている。

 直近のリーグ戦4試合で3分1敗、わずか1得点と調子を落としていたリバプールは、主力のエジプト代表FWモハメド・サラーとブラジル代表FWロベルト・フィルミーノをベンチスタートにし、3トップにベルギー代表FWディボック・オリギ、セネガル代表FWサディオ・マネ、イングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンを起用した。

 しかし、相手の守備を崩せず、後半11分にユルゲン・クロップ監督は1対1の決定機を逃したオリギとチェンバレンを下げ、サラーとフィルミーノを投入する。攻勢を強めながら、ゴールを奪えずにいたリバプールは、後半38分にPKで先制点を献上。直後の同39分に1カ月ぶりのリーグ戦出場となる南野をピッチへ送り込んだが、状況を変えられないまま、タイムアップを迎えた。

 英メディア「caughtoffside」は「クロップがある選手を再び冷遇したことで、たくさんのリバプールファンが腹を立てた」との見出しで南野にフォーカス。「ミナミノがバーンリー戦のスタメン11人のチャンスを得られなかったことに、多くのリバプールファンがイライラしているようだ。日本代表はこれまでアンフィールドでの期待にきちんと応えられていないが、同時に何ができるかを示す機会もあまり与えられていない。モハメド・サラーやロベルト・フィルミーノをベンチに置いたにもかかわらず、ミナミノのチャンスがクロップに奪われたのは不公平だと多くのレッズファンは考えている」と記し、ツイッター上のリバプールファンの声を紹介している。

「オリギよりミナミノだ。絶対に」
「ぶっちゃけ、ミナミノがかわいそうだ」
「オリギはスタメンを正当化するために何をした?」
「ミナミノをオリギよりも序列で上に置くのはロジカルだ」
「気分が悪い」

 24日にFAカップ4回戦マンチェスター・ユナイテッド戦、28日にプレミアリーグ第20節トッテナム戦と続くなかで、南野はクロップ監督にアピールできるだろうか。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング