「恐ろしいミス」 リバプールFW、衝撃の決定機逸に英メディア注目「唖然とした」

痛恨のミスをしたベルギー代表FWディボック・オリギ【写真:Getty Images】
痛恨のミスをしたベルギー代表FWディボック・オリギ【写真:Getty Images】

急失速のリバプール、今季プレミア初先発のオリギはGKと1対1のシーンで決められず

 リバプールは現地時間21日、プレミアリーグ第18節のバーンリー戦に0-1で敗れた。日本代表MF南野拓実は後半39分から5試合ぶりに途中出場も流れを変えられず、チームはこれでリーグ4戦連続無得点で5試合連続の未勝利(3分2敗)。さらに本拠地アンフィールドでは69試合ぶりの黒星となった。そうしたなか英メディアは、前半に起きた痛恨ミスに注目している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 昨季圧倒的な強さで30年ぶりのリーグ優勝を果たしたリバプールは、今季も一時首位を走っていたものの、直近4試合連続で未勝利と急失速。この日は下位に沈むバーンリーをホームに迎えたなか、ユルゲン・クロップ監督は主力3トップのうちエジプト代表FWモハメド・サラーとブラジル代表FWロベルト・フィルミーノをベンチスタートとしていた。

 序盤からチャンスを作り相手ゴールに迫ったリバプールだが、バーンリーのGKニック・ポープの好セーブもあってどうしても1点が奪えない。後半に入りサラーとフィルミーノを投入するもこじ開けられず、逆に後半38分、奮闘していたGKアリソンが相手FWアシュリー・バーンズを倒したと判定されPKを献上。これをバーンズ自らに決められ失点した。

 直後の同39分に南野が投入されるが、狂った歯車を元に戻すことはできず、リバプールはこのまま0-1で敗戦。昨季圧倒的な強さを誇ったリバプールが4戦連続ノーゴールとなり、5試合続けて白星から見放されることになった。

 そんな悪い流れを象徴するシーンとして、現地メディアが注目しているのが、前半43分に起きたベルギー代表FWディボック・オリギの痛恨ミスだ。リバプールが自陣ペナルティーエリア内から大きくクリアしたボールを、ハーフウェーライン付近でバーンリーDFベン・ミーがGKにバックパスしようとしてキックミス。浮いたボールをプレッシャーをかけに走り込んでいたオリギが奪い、独走態勢となった。相手GKポープと完全な1対1になった決定機で、オリギはゴール右上隅を狙うも、シュートは無情にもクロスバーを直撃。今季プレミア初先発のチャンスを得たストライカーは、“超決定機”をものにできず天を仰いだ。

 このシーンについて英メディア「GIVE ME SPORT」が、「ディボック・オリギが恐ろしいミスを生む」と伝えれば、英紙「ザ・サン」も「ディボック・オリギが黄金のチャンスを無駄にする」と報道。「オリギはボールがバーンリーGKの心地良い腕の中に跳ね返るのを見て唖然とした」とも綴っている。

 この日の敗戦は、本拠地アンフィールドで2017年4月24日のクリスタル・パレス戦(1-2)以来の黒星となり、ホーム無敗記録は68試合でストップ。“ゴール欠乏症”に陥るリバプールは、次戦で復活へのきっかけを掴めるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  5. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」