川崎MF守田英正、ポルトガル1部サンタ・クララへ完全移籍 契約期間は3年半

川崎フロンターレMF守田英正がポルトガル1部サンタ・クララへ完全移籍【写真:高橋 学】
川崎フロンターレMF守田英正がポルトガル1部サンタ・クララへ完全移籍【写真:高橋 学】

2018年に流通経済大から川崎へ、今季はリーグ戦32試合に出場し優勝へ貢献

 J1川崎フロンターレのMF守田英正が、ポルトガル1部サンタ・クララへ完全移籍することが決まった。

 守田は2018年に流通経済大から川崎へ加入すると、プロ1年目からボランチで出番を掴んだ。20年シーズンはリーグ戦32試合1得点の成績を残し、川崎の2年ぶり3度目の優勝へ貢献。18年には日本代表へ初招集され、国際Aマッチ3試合に出場している。

 すでにサンタ・クララ側で移籍リリースが発表されていたなか、守田は自身の公式SNSを通じて「ポルトガルのCD SANTA CLARAでプレーすることになりました!川崎の皆さん3年間ありがとうございました。心から感謝します。この決断を誇れるように、そして楽しめるように精一杯頑張ります!」と意気込みを示している。

 なおサンタ・クララ側の発表によると契約期間は3年半で、現地時間8日からトレーニングに合流予定だという。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング