現役引退の増嶋竜也、“涙の別れ”&笑顔の“ファミリーショット”投稿 「やっぱり泣き虫は…」

現役ラストマッチとなる北九州戦に出場したジェフユナイテッド千葉DF増嶋竜也【写真:Getty Images】
現役ラストマッチとなる北九州戦に出場したジェフユナイテッド千葉DF増嶋竜也【写真:Getty Images】

北九州戦にフル出場し、17年間の現役生活に幕

 ジェフユナイテッド千葉のDF増嶋竜也は、20日に行われたJ2リーグ最終節ギラヴァンツ北九州戦(2-1)で現役を引退した。17年間の現役生活に幕を閉じたが、一夜明けてインスタグラムに「やっぱり泣き虫は笑顔でお別れは不可能でした」と想いを綴っている。

 増嶋は千葉の強豪・市立船橋高から2004年にFC東京へ加入。2007年にヴァンフォーレ甲府、2008年から2010年までは京都サンガF.C.でプレーし、2011年からは柏レイソルへ完全移籍した。2017年にベガルタ仙台へ期限付き移籍すると、2018年から地元の千葉へ加入した。Jリーグ通算337試合19得点で、千葉ではリーグ戦通算72試合に出場した。

 北九州戦、ともにラストマッチとなった元日本代表FW佐藤寿人と試合終了のホイッスルを聞くと、涙を流した増嶋。試合後には佐藤、MF田坂祐介とともに引退セレモニーを行った。増嶋は「実は引退をすることを今日の朝のミーティングでチームに伝えました」と、突然の発表だったことを明かし、決断に至った理由を説明していた。

 北九州戦から一夜明け、増嶋はインスタグラムで「17年間ありがとうございました」と切り出し、現役引退の胸中を明かしている。

「やっぱり泣き虫は笑顔でお別れは不可能でした 急な発表で申し訳なかったです 最後まで引退をすることを言わずスタメンを勝ち取る勝負したかったんです 発表もセレモニーもしない予定でしたが、会社の人みなさんが全力で協力してくれました 愛を感じました。

 昨日の試合を終えて、やっぱり地元で引退できてよかった やり切りました 急遽セレモニーをすることになり、スタメンだったり、話すことまったく考える余裕がなくて何を言ったか覚えてませんが、大丈夫だったかな…」

 投稿では、涙ながらに拡声器でサポーターに挨拶する様子や胴上げシーン、元バドミントン日本代表で妻の潮田玲子さんらとの家族ショットなどをアップ。「家族のこと、父ちゃん母ちゃんありがとうって言うの忘れた 心残り 3番目の挨拶がよかったなぁ…とにかくみんなに感謝です ありがとうございました」と続けた。

 同じ1985年生まれの元日本代表FW李忠成(京都サンガF.C.)や、セレッソ大阪FW都倉賢ら現役Jリーガー、関係者からも多くの労いのメッセージが寄せられている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング