リバプール南野拓実、プレミア初得点に“豪華メンバー”が祝福 元同僚の“怪物FW”も興奮「Takuuuuumi」

リバプールMF南野拓実【写真:AP】
リバプールMF南野拓実【写真:AP】

リバプール南野の待望リーグ初ゴールに大きな反響

 リバプールの日本代表MF南野拓実が19日、プレミアリーグ第14節クリスタル・パレス戦(7-0)に先発し、開始3分でリーグ戦初ゴールを挙げた。4試合ぶりの先発出場で3トップの一角に配置され、冷静な技あり弾を決めた。試合後、南野は自身の公式インスタグラムを更新。チームメートに祝福されるショットやシュートシーンの写真を公開すると、豪華メンバーからコメントが続々届いた。

 前節にトッテナムとの天王山を2-1で制したリバプールは首位に浮上。中2日で行われるクリスタル・パレス戦では、ここまで連続出場中で休息のなかったエースFWモハメド・サラーに代わって南野が抜擢され、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、セネガル代表FWサディオ・マネとともに3トップを形成した。

 この日でリバプールに加入してからちょうど1年となった南野に、待望の瞬間が訪れたのは試合開始早々の前半3分だった。背後からの浮き球をペナルティーエリア右で収めたマネが相手守備陣に囲まれながらもボールをキープし、ゴール前へ横パス。構えていた南野がキックフェイントで相手DFをかわし、そのまま右足でゴール左隅へと流し込んだ。

 大きな反響を呼んでいる南野のプレミア初ゴール。試合後には自身の公式インスタグラムを更新し、「今日のチームのパフォーマンスはなんと素晴らしいものだったことか 続けます」と綴って、ゴール後に祝福されるショットなどを公開した。これに、豪華メンバーからメッセージが贈られている。

 日本代表の主将DF吉田麻也は「吉田まであと5」と、自身のプレミアゴール数まで“カウントダウン”。MF香川真司は絵文字で祝福し、ともに日本代表の2列目として活躍するMF伊東純也は「ゴールおめでとう」とコメントした。多くのJリーガーや日本代表勢なども続々とコメントするなか、ザルツブルク時代に同僚だったドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドは「Takuuuuumi」と、興奮気味に綴った。

 努力を続けてきた南野の初ゴールは、サッカー界の仲間たちにとっても嬉しいものになったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング