「このワンツー凄いやん」 川崎MF齋藤、主審との華麗な“連係プレー”に日本代表戦士も反応

川崎フロンターレの齋藤学【写真:高橋学】
川崎フロンターレの齋藤学【写真:高橋学】

前半アディショナルタイム、木村主審にボールを当て、マークに来た相手選手を置き去り

 川崎フロンターレは18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の関係で繰り上げ開催された第30節の横浜F・マリノス戦で3-1と勝利。史上最速Vに王手をかけた。そのなかで、MF齋藤学が披露した“妙技”に日本代表アタッカーも反応している。

 J1首位を快走する川崎は、横浜FM戦でも勢いを見せつける。後半8分、途中出場のMF三笘薫がリーグ7位タイとなる今季12ゴール目を決めて先制。直後に一度は同点に追いつかれたが、後半45分にDFジェジエウ、同アディショナルタイムにFW小林悠と勝負所で立て続けに得点を奪い、3-1で勝利した。21日の第28節・大分トリニータ戦に勝てば、J1が現行の18チーム34試合制で争うようになった2005年以降では最速の29試合目で通算3度目となる優勝が決まる。

 そのなかで横浜FM戦では、前半アディショナルタイムに“もう一つの見どころ”があった。自陣の左サイドで味方のクリアボールを拾った齋藤は、絶妙なトラップからの切り返しで相手MF喜田拓也の逆を突き、中央に向かってドリブルを開始。進行方向からFWマルコス・ジュニオールがカバーに来ると、近くにいた木村博之主審にボールを当て、戻ってきたボールを受けてマルコル・ジュニオールを置き去りにした。

 試合を中継したDAZNの実況も「これは木村主審とのワンツー」と説明していたが、これに反応したのが、かつて“セクシーフットボール”で一世を風靡した野洲高の出身で、テクニシャンとして知られるエイバルのMF乾貴士だ。インスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)に「このワンツー凄いやん」と思わず投稿している。

 川崎所属3年目の齋藤は今季、すでに移籍後では自己最多となるリーグ戦20試合出場を記録。ゴールこそないが、優勝に向けてひた走るチームで、キレのある動きを見せている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング