ブレーメン大迫勇也、次節スタメン復帰か 独紙「突如として大きなチャンスが…」

ブレーメンFW大迫勇也がケルン戦で先発復帰か【写真:Getty Images】
ブレーメンFW大迫勇也がケルン戦で先発復帰か【写真:Getty Images】

ケルンとの“相性の良さ”指摘も…独紙は辛辣な論評も展開

 11月の日本代表オーストリア遠征の招集メンバーから外れたFW大迫勇也は、所属するブレーメンでもレギュラーの座を失い苦境に陥っている。しかし、現地メディアによると、6日に予定されているブンデスリーガ第7節ケルン戦で大迫が先発起用される可能性があるようだ。

 大迫は今季、ヘルタ・ベルリン(1-4)とのリーグ開幕戦に先発出場したものの、低調なパフォーマンスによって前半終了時点で途中交代を命じられ、それ以降はスタメンを外れていた。しかしドイツ紙「ビルト」は、ここまで4ゴールをマークしてチーム内得点王のFWニクラス・フュルクルク、さらにFWダヴィー・ゼルケらFW陣に怪我人が続出していることや、前節フランクフルト戦(1-1)で彼らに代わって前線で起用されたFWタヒス・チョンのパフォーマンスが良くなかったことから、次節ケルン戦で「突如として大きなチャンスが来るかもしれない」と、大迫に先発復帰の可能性があると予想している。

 さらに同紙は、大迫のケルンとの“相性の良さ”も指摘している。

 昨季のブレーメンは、最終節でケルンと対戦。自動降格圏にいたブレーメンとしては絶対に勝たなくてはいけない試合だったが、ここで大迫は2ゴール1アシストの活躍を見せて6-1の快勝に貢献し、チームは土壇場で自動降格を免れた。この日の大迫のハイパフォーマンスをクラブ幹部も覚えていて、ブレーメンのプロ選手部門のマネージャーであるクレメンス・フリッツ氏も、「ユウヤはあの試合で素晴らしいプレーを見せてくれた。ジンクスというか、特定の相手との対戦の時にゴールを決める選手というのは多い。ユウヤがケルンとの対戦をポジティブに捉えてくれていたら嬉しいよ」と、ケルン戦での大迫に期待を寄せている。

 しかし、「オオサコは直近2試合でいずれも途中出場しているが、アピールに成功したとは言えない。しかしながら、今週末の試合では、ヴェーザーシュタディオン(ブレーメンのホームスタジアム)にサポーターの入場は許可されていない。このことは神経質なタイプであるオオサコには朗報だろう。昨季ケルン相手に大勝した時も観客席は空っぽだったし、無観客試合は山のように積もったネガティブなイメージを覆そうとしている彼にとっては良い景色のはずだ」と、同紙では無観客試合と結び付けた大迫への辛辣な論評もあり、現地での同選手の評価は依然として低い。

 名誉挽回のためにも、大迫にはケルン戦での奮起が求められている。


(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング