「世界有数の9番」 PSG監督、マンU移籍のカバーニを絶賛「彼を抑えるのは困難」

ユナイテッドに移籍したFWカバーニ(左)とPSGのトゥヘル監督【写真:Getty Images & AP】
ユナイテッドに移籍したFWカバーニ(左)とPSGのトゥヘル監督【写真:Getty Images & AP】

CL初戦で“古巣対決”となるカバーニ、PSGのトゥヘル監督は警戒

 ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニは、今月5日にマンチェスター・ユナイテッドと1年間の契約延長オプションを含む、単年契約を結んだ。現地時間20日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ初戦で、いきなり古巣パリ・サンジェルマン(PSG)との対戦を迎える。試合を前にPSGのトーマス・トゥヘル監督が、昨季まで在籍していたカバーニを絶賛した。英紙「インディペンデント」が報じている。

 6月でPSGとの契約が満了を迎え、その後に移籍先を探していたカバーニは、当初、ポルトガルのベンフィカへ加入すると言われていた。しかし、金額面で折り合わずに交渉は決裂。その後も次の移籍先が決まらない状況が続いたが、イングランドの名門ユナイテッドに加入し、背番号7を付けることになった。

 新型コロナウイルスの検疫期間があったため、カバーニはまだユナイテッドでプレーしておらず、ようやくこのPSG戦から出場が可能になる。7シーズンにわたってPSGに在籍し、公式戦通算301試合で200得点を挙げたカバーニについて、トゥヘル監督は「素晴らしい選手たちを多く抱えている。同じことがエディにも言える」と切り出した。

「少しシャイだが、とても明るい人物だ。そして、ハードワークを厭わない。すべての練習で最初の1分から最後の1分まで、彼の姿を見ないことはないだろう。完全に信頼することができる選手だ。真のストライカーは神経質だと言っているが、彼もそうだ。彼はゴールのため、点を取るために生きている。得点を取り、自信に満ちている時、彼は世界有数の9番だ。長い期間、このクラブに在籍してファンとも深いつながりがあれば、戻ってきた時に歓迎されるだろう」

 そして、対戦相手としてのカバーニについては「警戒が必要だ。彼を抑えるのは、とても困難だ。彼は違いを作ることができるし、そんな彼の対策を練らないといけない」と、警戒した。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング