森重のアンカー起用はサプライズではない 4年前に消えたある監督のゲームプラン

世界に通ずる場所

 そんな折、城福監督は、森重をドイスボランチの一角に据える布陣を試みている。ただし、それは、事態を好転させる起爆剤とはならなかった。なぜなら当時の森重は、けがから復帰したばかりで、中盤の選手として90分間を持ちこたえる運動量に不安を残していたのだ。けがの再発の恐れもあり、試合と試合の合間に練習の強度を上げきることもできず。60分間近くまでは高いパフォーマンスを見せたとしても、それを試合終了まで継続させることは難しい状態にあった。
 だが、指揮官は、森重を粘り強く起用し、試合の中でゲーム体力を補おうとしていた。それは、2つ目のプランの導入時期を模索していたからだ。
「アンカーをできる日本人はそうはいない。だが、森重ならそれができる才能がある。高さ、対人の強さ、そして技術と、展開力も備えている。運動量に問題はあるが、最終ラインの前に置くにはうってつけの素材だよ、あいつは」
 そう信じて、森重を中盤の底に配置する、4-3-3システムを練習試合でも取り組み始めた直後のことだった。城福監督は10年9月に、成績不振を理由に解任され、そのプランは日の目を見ることなく消えるはずだった。
 その後、FC東京も降格の憂き目にあい、森重自身もそこからはい上がって今夏のブラジルワールドカップにセンターバックとして出場を果たした。だが、5日の札幌ドームには、森重はいるべきはずだった場所に立っていた。
 この4年、森重の中盤での出場機会はゼロだ。4年前と同じく運動量にはまだまだ問題を抱えている。ウルグアイ戦後、その彼は苦笑いでこう答えている。「楽しすぎて足をつっちゃいました」。
 だが、リベロと、アンカーの2つの適性を持つ彼がピッチにいることは、大きな可能性を広げることになるだろう。なぜなら彼は、アギーレ新監督が試合中に行うドレスチェンジを可能にする鍵を持っているからだ。
 当時、城福監督は、こうも言っていた。「もしも、あいつが世界に出て行くなら、あのポジション(アンカー)かもしれないね」。失われた4年の歳月をへて、収まる場所に収まろうとしている。まだまだ疑いの目は、あるかもしれない。しかし、それらは、いずれ反駁されていくはずだ。中盤で喜々としてプレーする彼の姿が、少しだけ先の未来を予感させてくれたからだ。
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  2. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  3. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  7. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  10. G大阪FW宇佐美貴史が初めて明かす川崎からオファーの“真実” 残留した理由は?「自分にとって苦しいと思った」

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」