6発快勝の浦和、大槻監督が求める「自転車に乗れる」以上の要素 「今の選手はサッカーで…」

円陣を組む浦和レッズの選手たち【写真:小林 靖】
円陣を組む浦和レッズの選手たち【写真:小林 靖】

ホームで無得点の4連敗という苦しい時期を経て、仙台戦では6得点のゴールラッシュ

 浦和レッズは、18日に行われたJ1リーグ第23節ベガルタ仙台戦で6-0の大勝を収めた。得点力不足に悩まされていたチームが直近2試合で急激に攻撃の機能性を上げているが、大槻毅監督はあくまでも積み上げを強調。そして「自転車に乗れるだけではダメ」と、たとえ話を用いてチームの成長に触れた。

 浦和は今季から大槻監督の下で4バックを導入。攻撃的なサイドハーフの良さを生かす一方で、全体的に見れば組織的な守備から素早く攻める方向へ舵を切った。しかしながら、長らくポゼッション傾向のサッカーをやってきたメンバーと、そうしたプレースタイルが得意な選手がチームの中に混在する状況もあった。

 トレーニングキャンプ明けの2月は、公式戦2試合で8得点と新たなスタイルへの期待感も示した。しかし、新型コロナウイルスの影響で中断したリーグが再開すると、数少ないチャンスで生んだゴールを守り切る試合ができるか、失点を重ねて敗れてしまうかという流れが続き、勝敗はほぼ五分なのにもかかわらず、得失点差がマイナス2桁という状況だった。

 仙台戦の前にはホームで無得点の4連敗という厳しい時期を過ごしていたが、前々節にサガン鳥栖にアディショナルタイムの決勝点による1-0での勝利を収めると、前節は柏レイソルを相手に20本以上のシュートを放つ攻撃の機能性をいきなり見せた。そのゲームでは決定力を欠いて1ゴールにとどまって1-1で引き分けたが、この仙台戦はビッグチャンスをしっかりとゴールにすることで6得点というゴールラッシュになった。

 劇的な変化をここ2試合で見せているように感じさせる浦和だが、大槻監督は「きっかけと言われると、よく分からない」と話し、積み上げの成果を強調している。

「コツみたいなもので一段飛ばしにできるようなことはなく、一つひとつを突き詰めていくことで、選手がスッと入れるところが大事だと思っています。僕はよくコーチ陣で話をしますが、自転車に乗れるのと一緒で、急に自転車に乗れるようになったら一生乗れます。ただ、自転車に乗った時にスピードを出して急カーブで曲がる、今の選手はサッカーでそこまでやらなければいけません。自転車に乗れるだけではダメで、それにスピード感や判断を身につけるようにという話を言っています」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング