PSG、補強失敗は名手トッティの影響? リュディガー獲得不成立の背景を伊紙が指摘

パリ・サンジェルマンのスポーツ・ダイレクターを務めるレオナルド氏【写真:Getty Images】
パリ・サンジェルマンのスポーツ・ダイレクターを務めるレオナルド氏【写真:Getty Images】

ローマとの交渉があったため、リュディガーの獲得失敗と報じられる

 パリ・サンジェルマン(PSG)のスポーツ・ダイレクター(SD)を務めるレオナルド氏は、今夏の移籍市場でセンターバック獲得を目指していた。チェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガーをターゲットにしていたが、移籍は実現せず。その背後には、元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ氏の影があるという。イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」が報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 PSGは昨季限りでブラジル代表DFチアゴ・シウバとの契約が満了。また、トーマス・トゥヘル監督はブラジル代表DFマルキーニョスを中盤で起用しており、最終ラインの人数が足らなくなっていた。一方、移籍金ゼロでチアゴ・シウバを獲得したチェルシーでは、リュディガーが余剰戦力となっており、放出の対象となっていた。

 レオナルドSDはリュディガーに興味を示していたが、トッテナムやローマも獲得に動いていたという。そして、このローマの動きが、PSGの足かせになったと「コリエレ・デロ・スポルト」は伝えている。

 記事では、「ローマでリュディガーとチームメートだったトッティは、再びリュディガーをローマに加入させるために全力を尽くしていた。だが、パウロ・フォンセカ監督の率いるクラブは、昨季マンチェスター・ユナイテッドからローン移籍していたDFクリス・スモーリングの獲得に成功した」と言及。この結果、リュディガーのローマ移籍が見送られ、他クラブとの交渉も不調に終わったという。

 シーズン序盤で苦戦の続いているPSGだが、最終ラインの駒不足を残り越えて、リーグ4連覇を成し遂げられるだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も