クラブで正GK不在…権田修一、守護神3人の現状分析 「日本のGKの地位を上げていかないと」

トレーニング中の日本代表GK権田修一【写真:©JFA】
トレーニング中の日本代表GK権田修一【写真:©JFA】

クラブで出番を得られていない権田修一が現状について明かす 「何が自分にとってベストか」

 日本代表は7日、オランダ・ユトレヒトで行われる国際親善試合カメルーン戦(9日/日本時間午後9時)とコートジボワール戦(13日/日本時間午後11時45分)に向けて、現地で合宿3日目を迎えた。今回は新型コロナウイルスの影響もあり、初めて国内組は招集せず、海外組だけで構成。昨年12月のE-1選手権以来10カ月ぶりの活動となる。GK権田修一(ポルティモネンセ)はクラブで出場機会に恵まれていない現状を受け止めながら、GK陣のあるべき姿について語った。

 守護神“候補”の権田は、明るくオンライン取材に答えた。今回は新型コロナウイルスの影響を受け、国内組は招集せず、海外組のみだけで構成。もちろん、GK3人とも海外組となった。さらに、東京五輪スタッフの元日本代表GK川口能活コーチが初めてA代表に同行している。

「日本のトップ・オブ・トップの選手と一緒に練習できるのは、これを目的として海外移籍したこともあるし、代表を意識しながら成果もついてきた。参加できてうれしいと同時に責任を感じる。(川口)能活さんは子供の頃から目標にしていた選手。(コーチの)下田(崇)さんもそうだけど、そういう方からアドバイスを貰えるのは、選手としてもプラス。だけど、純粋にうれしい。アイドルのような感じなので(笑)」

 今季は所属クラブで苦戦を強いられている。4日に行われたリーグ第3節スポルティング戦で今季3試合目にして初めてベンチ入りを果たしたが、ここまで出場機会は得られていない。開幕から2試合はベンチ外に終わってしまっていた。

「状況はどこからどう見ても良い状況ではない。昨シーズン、半分くらいは試合に使ってもらって、監督は代わっていないのに僕より若い選手が試合に出ている。監督に説明を求めているわけではないけど、僕はやるべきことをやっているだけで、状況は良くないと思っている。移籍市場は閉まってしまったので、いろいろなことを考えながら、何が自分にとってのベストかは考えないといけない」

 今回、3人とも海外組だが、川島永嗣(ストラスブール)は今季開幕から2試合連続でフル出場を果たしたものの、第3節から4試合連続で出番がない。さらに、シュミット・ダニエル(シント=トロイデン)もリーグ8試合で出場機会は得られていない。GK3人ともクラブで立場が確立されているとは言えないのが現状だ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も