「認めさせたい」 “新10番”南野拓実、リバプールで感じた2年目の“変化”「周りの信頼を得られている」

日本代表MF南野拓実【写真:©JFA】
日本代表MF南野拓実【写真:©JFA】

南野拓実、リバプールに移籍後初の代表合宿 「自分の居場所をしっかり確保していきたい」

 日本代表は7日、オランダ・ユトレヒトで行われる国際親善試合カメルーン戦(9日/日本時間午後9時)とコートジボワール戦(13日/日本時間午後11時45分)に向けて、合宿3日目を迎えた。今回は新型コロナウイルスの影響もあり、初めて国内組は招集せず、海外組だけで構成。昨年12月のE-1選手権以来10カ月ぶりの活動となるなかで、新10番のMF南野拓実は、リバプールに移籍して感じる“変化”を明かした。

 新10番を背負うエース候補。長く伸ばした髪をなびかせながら、力を込めて言葉をつないだ。今回はMF中島翔哉(ポルト)が未招集となり、注目の一つだった10番の行方は南野に決着。所属クラブはプレミア王者のリバプール、森保ジャパンでも最多の11得点というエース候補が、オランダ遠征での2試合では名実ともに“顔”としてプレーすることとなる。

「注目されるのも分かります。けど、だからといって特別にプレッシャーを感じることもない。いつも通りにプレーできれば」

 昨年は、日本代表として歴代2位タイの国際Aマッチ5試合連続ゴール、史上初のワールドカップ予選開幕4試合連続ゴールを記録。森保ジャパンの中軸として地位を確立するなかで、ザルツブルクからリバプールへ自らの力で移籍を実現した。今回はリバプールに移籍後、初めての代表活動となる。

「もちろんザルツブルクでプレーする時より注目度や試合のレベルの高さは感じるし、そこでプレーできる喜びは日々感じている。自分自身もそういう舞台でプレーすることを目標にヨーロッパに来たし、充実した日々を過ごせているけど、それで満足せずに注目されるなかで結果を残して認めさせたい。チームでも自分の居場所をしっかり確保していきたい」

 リバプールでは現地時間4日に行われた直近のプレミアリーグ第4節アストン・ビラ戦(2-7)で後半頭から途中出場。リーグ戦ではここまで3試合に出場している。加入1年目は公式戦13試合出場で無得点に終わった南野だが、今季はアーセナルとのコミュニティー・シールドで移籍後初ゴールをマーク。さらに9月24日のリーグカップ3回戦リンカーン・シティ戦(7-2)では2ゴール1アシストと躍動した。少しずつ手応えを得ている現状について、自らの言葉で語った。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド