Jリーグ、10月17日以降に太鼓やハリセン等自席での“鳴り物”解禁へ ホームが使用可否を判断

Jリーグで10月17日以降に応援時の鳴り物の使用が可能に(※写真はイメージです)【写真:小林 靖】
Jリーグで10月17日以降に応援時の鳴り物の使用が可能に(※写真はイメージです)【写真:小林 靖】

Jリーグは実行委員会を実施しガイドラインを改定

 Jリーグは6日、実行委員会を実施し、村井満チェアマンがウェブ会見に応じた。「新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」を改定。有観客試合におけるファン・サポーターの応援スタイルとして10月17日以降、太鼓、クラップバナー等、自席で叩ける鳴り物はホームクラブが使用可否を判断することとなった。

 応援スタイルは、すでに容認されている横断幕掲出、拍手・手拍子、タオルマフラーやゲートフラッグなどを掲げることに加えて、10月17日以降、太鼓や応援ハリセンなど自席で叩ける鳴り物の使用。ホームクラブが使用可否を判断し、アウェー席も同条件となる。ただし、メガホンの使用は除き、スタジアム備品を叩く行為は禁止される。

 継続して、声を出す応援、人と接触するハイタッチや肩組みなど、密を作るビッグフラックなど、大旗を含むフラッグを振る行為、タオルマフラーを振ったり回す行為は禁止されている。


【登録初月無料!】白熱するJリーグもDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング