マルセイユ酒井、2週連続でAFC“週間MVP候補”選出 「守備時デュエル勝率85%」と称賛

圧倒的な守備時のデュエル勝率を記録しているマルセイユDF酒井宏樹【写真:Getty Images】
圧倒的な守備時のデュエル勝率を記録しているマルセイユDF酒井宏樹【写真:Getty Images】

1試合4ゴールの韓国代表FWソン・フンミンらとともに8人の候補に入る

 フランス1部マルセイユ所属の日本代表DF酒井宏樹が、アジアサッカー連盟(AFC)公式サイト上で実施されている「AFC週間最優秀インターナショナルプレーヤー」の候補者8人にノミネートされた。酒井の候補選出は、先週に続いて2週連続となる。

 13日に行われたリーグ・アン第3節パリサンジェルマン(PSG)戦で、粘り強い守備で1-0勝利に貢献したのが評価された前週に続き、今回も酒井は8人の候補者の中に名を連ねた。17日の第4節サンテティエンヌ戦(0-2)、20日の第5節リール戦(1-1)でともに先発出場を果たした酒井について、AFC公式サイトは「マルセイユは先週行われたリーグ戦2試合でともに勝利を逃したが、酒井は力強い動きを続けていた」と、同選手がPSG戦以降も継続して質の高いプレーを見せていることを指摘した。

 さらに「この日本人サイドバックは、特に日曜日のリール戦で効果的なプレーを見せた。守備時のデュエル勝率は85%を記録し、マルセイユがボールをポゼッションしている時のミスは一度だけ。アタッキングサードへのパスを6本成功させた」と、具体的なデータを挙げて酒井を称賛している。

 また、酒井の他にはトッテナムの韓国代表FWソン・フンミンもノミネートされている。ソン・フンミンは、20日に行われたプレミアリーグ第2節サウサンプトン戦(5-2)で4ゴールをマーク。同サイトも「8人全員が候補者としてエントリーされるに相応しいプレーを見せたが、他の選手たちにとってソン・フンミンに勝つのは相当難しいチャレンジになるだろう」と、同選手をベストプレーヤーの最有力候補と予想している。

 今回のインターネット投票は26日午後5時(日本時間)まで。酒井がどれほどの票を獲得するかは分からないが、ここ最近の酒井がアジア人選手の中で傑出したパフォーマンスを披露していると、海外で評価されていることだけは間違いなさそうだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング