Jリーグ村井チェアマン、J1最年長出場のカズを絶賛 「世界が注目」「努力の賜物」

Jリーグの村井満チェアマンがFW三浦知良を絶賛【写真:高橋 学】
Jリーグの村井満チェアマンがFW三浦知良を絶賛【写真:高橋 学】

川崎戦、カズが53歳6カ月28日で先発 FW中山雅史が持つJ1最年長出場記録を大幅更新

 横浜FCのカズこと元日本代表FW三浦知良が、23日のJ1リーグ第18節川崎フロンターレ戦で今季初のスタメン出場。53歳6カ月28日で先発メンバーに名を連ね、元日本代表FW中山雅史の持つJ1最年長出場記録(45歳2カ月1日)を大幅に更新した。Jリーグの村井満チェアマンは「まさに努力の賜物」「子供たちにとって大きな光」と絶賛している。

 カズにとって13年ぶりとなるJ1リーグの舞台。今季首位を快走する川崎との一戦で、今季初先発、初出場を果たし、2007年12月1日の浦和レッズ戦(1-0)以来、4680日ぶりとなるJ1のピッチに立った。カズは後半11分までプレーし、2-3と惜敗した。

 試合後、Jリーグの村井チェアマンが声明を発表し、「カズさん、J1最年長出場記録の更新、誠におめでとうございます。日々プロサッカー選手としての体づくりに正面から向き合われた、まさに努力の賜物なのだと思います」と称えた。

「53歳6ヶ月と28日。間違いなく日本サッカーの歴史に残る偉大な記録は、現役で戦う全ての選手、そして未来のサッカー選手を目指す子供たちにとって、これからの挑戦の先にある大きな光になるのでしょう。常に挑戦し続けるその姿勢を、世界が注目しています。そしてカズさんの存在は私たちの誇りでもあります。今後の更なる活躍を期待しています」

 日本サッカー界を牽引し続ける“キング・カズ”は、これからも様々な記録を塗り替えてくれそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング