“怪物級”柏FWオルンガ、なぜ愛されるのか 自ら分析「なぜならフィジカルが強く…」

柏のFWオルンガ【写真:小林 靖】
柏のFWオルンガ【写真:小林 靖】

ゴールを量産する柏FWオルンガ、新型コロナウイルスの影響に言及「難しくなった」

 J1柏レイソルで輝きを放つケニア代表FWオルンガは、「タフな1年になることは分かっていた」と明かした一方、ファンから愛される理由について自ら分析している。ケニアのテレビチャンネル「Citizen TV」で語った。

 2018年夏にジローナから柏に加入したオルンガは、半年間でJ1リーグ戦10試合3ゴールの結果を残したなか、2019年にはJ2リーグ戦30試合27ゴールと本領を発揮し、J1昇格に大きく貢献した。

 オルンガは母国ケニアのテレビチャンネル「Citizen TV」で今季について触れ、「タフな1年になることは分かっていた。特に昨シーズンに27ゴールを挙げたことで、私に多くのことが期待されていた」と苦戦を予想していたという。

 2月22日の開幕節・北海道コンサドーレ札幌戦(4-2)で2ゴールと好スタートを切ったオルンガだが、新型コロナウイルスの影響でリーグ戦が中断した余波を受け、「4カ月間プレーしなかったことで少し難しくなった。再開後の最初の3試合はフィットネスレベルが良くなくてゴールできなかった」と振り返っている。

 しかし、第5節から再びゴールを量産すると驚異の7試合連続ゴールをマーク。ここまで17試合を終えて16試合出場16ゴールと驚異的なペースでゴールを積み重ね、得点ランキングトップに立つ。

 柏のエースに君臨し、ファンからも大きな支持を得るストライカーは、日本のサポーターから愛される理由について自己分析し、「彼らは私をモンスターと比較したがる。なぜならフィジカルが強く、Jリーグに新たな次元をもたらしているからだ」と口にしている。

 驚異的なパワーとスピードで、文字通り“モンスター級”のプレーを続けており、その数字をどこまで伸ばすのか注目だ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング