ベイル、モウリーニョと“話し合い”で古巣復帰が加速か 代理人が証言「心の中の特別な場所に…」

トッテナム復帰が噂されるレアル・マドリードFWギャレス・ベイル【写真:Getty Images】
トッテナム復帰が噂されるレアル・マドリードFWギャレス・ベイル【写真:Getty Images】

バーネット氏がベイルとモウリーニョの会談実施を明かす

 レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルは、トッテナムへの移籍が秒読み段階にあると報じられている。そのなかでベイルは、トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督と話し合いを持ったという。ベイルの代理人を務めるジョナサン・バーネット氏のコメントを英衛星放送「スカイ・スポーツ」が伝えている。

 ベイルは2013年夏の移籍市場でトッテナムからレアルに移籍。レアルでは4回のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇などに貢献したが、近年は出場機会が減少しており、英紙「デイリー・メール」ではトッテナムへの期限付き移籍での復帰がすでに決定したとも報じられている。

 そんななか、英紙「メトロ」によると、バーネット氏が「スカイ・スポーツ」の番組に登場。ベイルがモウリーニョ監督と話し合いの場を持ったことを明かしたという。同氏は「ギャレスはジョゼと話し合い、スパーズが心の中の特別な場所にあることを説明した」と、ベイルが古巣復帰の意思を持っていることを明らかにしている。

 また、「メトロ」はモウリーニョ監督がベイルの移籍について問われた際のコメントも紹介。マンチェスター・ユナイテッドの監督時代にベイルの獲得を望んでいたことを指摘され、次のように語っていたという。

「それ以前にも、私はレアル・マドリードの監督の時に、彼の獲得を望んでいた。私がチームを率いていた時は実現しなかったけれどね。それでも、(フロレンティーノ・ペレス)会長は私の意思と知識を継いで、私が去った年にギャレスを加入させた。そのことは、秘密でも何でもない。ギャレス自身も知っていることだ」

 ベイルがトッテナムに移籍すれば、実に約7年ぶりの古巣復帰となる。モウリーニョ監督にとっても、レアルを率いていた2013年以来の“悲願”が成就することとなる。果たして、ベイルはプレミアリーグに戻ることになるのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング