まるで孫悟空!? ビジャレアル、久保建英の“ドラゴンボール加工映像”投稿で反響

ビジャレアルのMF久保建英【写真:Getty Images】
ビジャレアルのMF久保建英【写真:Getty Images】

開設したばかりのTikTokで新戦力の久保建英に“おもしろ加工”

 ビジャレアルは現地時間13日、2020-21シーズンのリーグ開幕戦で昇格組のウエスカと対戦する。日本代表MF久保建英にとってはFW岡崎慎司との“日本人対決”実現の行方が注目されるなか、クラブは公式インスタグラムとTikTokで久保を人気漫画「ドラゴンボール」の主役に見立てて“おもしろ加工”を施している。

 昨季マジョルカでリーグ戦35試合に出場して4得点4アシストと結果を残した久保の下には今オフ、30クラブ以上からオファーが届いたとされ、19歳のレフティーはそのなかからリーガ・エスパニョーラ挑戦2年目の地にビジャレアルを選択した。

 13日にウエスカとの開幕戦を控えて調整を続けるなか、ビジャレアルは公式インスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)で、MFアルフォンソ・ペドラサやGKセルヒオ・アセンホの個人ショット、久保がビジャレアルの下部組織出身で7歳年上の元U-21スペイン代表MFモイ・ゴメスと笑顔でトレーニングチューブを引っ張り合うお茶目な2ショットを公開した。

 さらに、久保は唯一動画でも登場。トレーニングに励むショットに乗せ、人気漫画「ドラゴンボール」のテーマが流れ、持っているバランスボールが白く発光すると、両手からかめはめ波のようなエネルギー波が飛び出し、1週間前に立ち上げたばかりの公式TikTok告知へとつながる内容となっている。

 同様の動画はビジャレアル公式TikTokにもアップされており、海外ファンからも孫悟空にかけて「ソン・クボ」というメッセージや、拍手やハートの絵文字が送られている。

 スペイン挑戦2年目、まずは開幕戦となるウエスカ戦での出場の行方に注目が集まる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング