好調の南野拓実、“2年目のシステム対応”に英紙も太鼓判 「どこでプレーするのか興味深い」

リバプールの日本代表MF南野拓実【写真:AP】
リバプールの日本代表MF南野拓実【写真:AP】

1トップ、左サイド、トップ下のほか、システム次第で中盤インサイドハーフの可能性も

 リバプールの日本代表MF南野拓実は今季プレミアリーグ2年目を戦うなか、初めて開幕戦から参戦する。プレシーズンで移籍後初ゴールを決めるなどインパクトを残すなか、英地元紙は「どのポジションでプレーするのか興味深い」と注目している。

 昨季途中にリバプールに移籍した南野は、加入1年目はリーグ戦10試合に出場するもノーゴールノーアシストに終わった。初めてシーズン前のキャンプから参加となった2年目は、8月28日のコミュニティーシールド・アーセナル戦で待望の移籍後初得点をマーク。9月5日の親善試合ブラックプール戦では1得点1アシストを記録するなど結果を残している。

 9月12日にプレミアリーグ開幕戦で昇格組のリーズ・ユナイテッドと対戦するなか、英地元紙「リバプール・エコー」は、「今年、彼はリバプールにとってどれほど重要なのか」と触れ、プレシーズンの活躍とポジションについて分析している。

「ミナミノはフルシーズンの開幕を迎える前に、素晴らしいプレシーズンを楽しんだ。日本人スターはユルゲン・クロップ監督のシステムにアジャストしたように見える。コミュニティーシールドのゴールは信頼度アップをもたらす。ロベルト・フィルミーノの代役と見られていたミナミノは、プレシーズン中に様々なポジションで優れていた。最初の選択肢はフィルミーノ、モハメド・サラー、サディオ・マネの3トップの代わりだろう。しかし、クロップのシステムでは中盤3枚の8番(インサイドハーフ)になる可能性もある。リーズ戦でスタメン出場するのか、どのポジションでプレーするのか興味深い」

 リバプールは4-3-3だけでなく、4-2-3-1も試しており、南野は1トップだけでなく左サイドやトップ下でもプレー。ポテンシャル的には中盤にも対応可能だと、記事では見立てている。

 プレシーズンの活躍により、南野の“2年目の飛躍”に地元メディアも注目している。


【登録初月無料!】白熱するJリーグもDAZNで配信中!

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング