コウチーニョ、移籍再浮上もバルサ残留が濃厚 現地紙が指摘「離れる唯一の方法は…」

コウチーニョは再びバルセロナでプレーする可能性が高まっている【写真:Getty Images】
コウチーニョは再びバルセロナでプレーする可能性が高まっている【写真:Getty Images】

バイエルンから満を持してバルセロナ復帰、クラブ側はローン移籍の可能性を排除

 昨季はバイエルン・ミュンヘンへ期限付き移籍していたブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが、今季はバルセロナに残留することが確実となったようだ。スペイン紙「マルカ」が報じた。

 コウチーニョは昨年夏の移籍市場でバイエルン・ミュンヘンへ期限付き移籍。ドイツで三冠達成に貢献し、満を持してバルセロナに復帰した。

 今夏も再びの移籍が浮上していたが、スペイン紙「マルカ」によればロナルド・クーマン新監督はコウチーニョの残留を希望しているようだ。

 バルセロナはコウチーニョに関してローン移籍の可能性は排除しており、「この夏にコウチーニョがカンプ・ノウを離れる唯一の方法は、巨額の完全移籍オファーが来た場合のみ」と指摘している。そのうえで、「現在の経済状況ではほぼ不可能だ」と記した。

 残留が濃厚となったコウチーニョ。クーマン新体制のバルセロナで輝きを放つことができるだろうか。

【登録初月無料!】白熱するJリーグもDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング