柏FWオルンガが吐露「時には運も必要」 ミスを誘発…驚異の6試合連続ゴールに反響

柏レイソルで得点を量産しているFWマイケル・オルンガ【写真:小林 靖】
柏レイソルで得点を量産しているFWマイケル・オルンガ【写真:小林 靖】

C大阪戦のゴール映像をアップしたオルンガ 「ハードワークは重要だが…」

 柏レイソルのケニア代表FWオルンガが16日に公式インスタグラムを更新し、「時には運も必要」と綴って自らのゴール映像もアップした。ハードワークから相手GKのミスを誘って奪ったゴールに注目が集まっている。

 柏は15日の第10節セレッソ大阪戦で1-3と敗れたなか、一矢報いる形でゴールを決めていたのがオルンガだ。0-3で迎えた終了間際の後半43分、相手GKキム・ジンヒョンに戻されたバックパスに反応し、すぐさまプレッシング。これがGKのキックミスを誘発し、ボールをカットしたオルンガが無人のゴールに流し込んだ。

 チームは本拠地で敗れたものの、オルンガはこれで6試合連続ゴールをマーク。今季リーグ戦で10試合11ゴールと驚異的なペースでゴールを重ねて得点ランキングトップに立ち、2位の浦和レッズFWレオナルド(7ゴール)に早くも4ゴール差をつけている。

 オルンガは「ハードワークは重要だが、時には多少の運も必要だ」と記してゴール映像をアップ。「君のハードワークとプレーの大ファンだ」「良いゴール」「ゴールマシーン」「頑張れば頑張るほど、どんどん幸運になる」などのコメントが届いており、オルンガのハードワークから生まれたゴールが反響を呼んでいる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング