広島×名古屋戦中止でJリーグ・名古屋が会見 スタッフ感染者は「監督ではない」

名古屋の小西工己代表取締役社長【※画像はスクリーンショットです】
名古屋の小西工己代表取締役社長【※画像はスクリーンショットです】

25日のDF宮原和也に続き、26日にMF渡邉柊斗とチームスタッフ1名の感染が発覚

 Jリーグは7月26日、名古屋グランパスにおいて新型コロナウイルス感染症の検査で3名が「陽性」であることが確認されたため、同日開催予定だった第7節サンフレッチェ広島対名古屋を試合中止にすることを発表した。

 名古屋は25日、DF宮原和也が新型コロナウイルスの陽性反応を示したことを発表。同日、選手・スタッフ60名に対して急遽PCR検査を実施した。

 そして26日、名古屋は前日のPCR検査でMF渡邉柊斗とトップチームスタッフ1名から陽性反応が出たことを発表した。渡邉は平熱で無症状。トレーニングはリハビリのため別メニューだったという。名古屋の小西工己代表取締役社長はスタッフに関して、「(マッシモ・フィッカデンティ)監督ではございません」としつつ、それ以上の詳細については「個人の特定、プライバシーに関わることなので申し訳ございませんがご容赦頂きたい」と明言を避け、保健所とともに2人の濃厚接触者の特定に全力を注ぐと話した。

 今回26日の広島戦に向けた名古屋の遠征メンバー16名+スタッフ1名は陰性だったが、渡邉やチームスタッフの濃厚接触者の有無が試合開始までに判断しきれない可能性があるため、14名の登録が難しいと判断して中止に至った。

 村井満チェアマンは26日のJリーグ・名古屋グランパス合同WEB記者会見で、「PCR検査の結果が出るまで、クラブは適切に対応していたと認識しています」と言及。代替えに関しては、現時点で「候補日が見つかると認識しているので、中止にはならないと思っている」としている。

 現状では2週間に1回の公式PCR検査を実施しているが、村井チェアマンは週1回のPCR検査実施も視野に入れていることを示唆。「選手もアスリートである前に社会の市民。社会的に感染が広まっていくなかで選手に感染者が出ることは時間の問題だと認識はしていた。新型コロナウイルスの感染の強さやその恐ろしさを改めて再認識している。感染防止対策の努力をしていく必要がある」と話している。

 なお、8月1日のJ1リーグ第8節は、予定通り超厳戒態勢での有観客試合で行われる予定となっている。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング