「私は気に入らない」 クロップ、敵将の“傲慢”発言に怒り「フランクは学ぶ必要がある」

リバプールのクロップ監督(右)がチェルシーのランパード監督に苦言【写真:AP】
リバプールのクロップ監督(右)がチェルシーのランパード監督に苦言【写真:AP】

ランパード監督が試合後に「リバプールは傲慢になり過ぎるべきではない」と発言

 リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、現地時間22日のプレミアリーグ第37節チェルシー戦(5-3)後に相手指揮官のフランク・ランパード監督が「リバプールは傲慢になり過ぎないよう気をつけるべき」と言ったことに怒りを露わにした。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

 今季プレミア王者のリバプールはこの日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場に向けたトップ4争いの最中にあるチェルシーをホームに迎えた。リバプールが1-0のリードで迎えた前半37分、ペナルティーエリア手前でチェルシーのクロアチア代表MFマテオ・コバチッチのタックルでセネガル代表FWサディオ・マネが転倒。主審はファウルの笛を吹いた。

 ところが、マネがオーバーリアクション気味に倒れたこともあり、普段はタッチライン際で冷静な姿勢を貫くランパード監督が審判団に対して激昂。落ち着くように諭したクロップ監督に対しても「黙れ! うせろ!」と怒鳴り声を浴びせる瞬間がカメラに捉えられていて、その動画がSNSで広がっている。

 試合後、ランパード監督は「スカイ・スポーツ」のインタビューで、クロップ監督との間に全く問題はないとして、リバプールの今季の成功を祝福した一方で「傲慢になり過ぎるべきでない」とも話していた。このポストマッチインタビューを受けて、クロップ監督は「フランクは間違いなく、とても競争的なモードに入っていた」と試合中のランパード監督の言動には理解を示したうえで、次のように続けている。

「試合後にあのような発言をするのは許されない。フランクは学ぶ必要がある。彼は若いのでまだ学ぶためのたくさんの時間があるが、あれは絶対に改善すべきことだ。私たちは傲慢ではないし、むしろその逆。あのような状況下で、様々な口論がなされているなかであれば、何か他の人を傷つけるようなことを言ったとしても問題にならないが、試合終了の笛が鳴ればすべて終わり。それをしなかった彼の言動については、私は気に入らない」

 ランパード監督はその後、チームを擁護するパッションには後悔していないとしつつも、「あの映像を見た。言葉遣いに関しては、後悔している。なぜなら、今の時代はあのような映像はSNSでたくさん繰り返し再生されてしまう。私にはSNSを使う娘が2人もいるので、後悔している」と反省の言葉を口にしているが、百戦錬磨の指揮官からの提言をどう受け止めるのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング